就職・転職活動で障害者手帳を使うメリット・デメリット【体験談】

先天性内部機能障害 / 身体障害者手帳1級所持 / うつ病の闘病経験 / 青山学院大学在学中にRepeL, Inc.を創業 / 個人ブログはこちら


この記事では『就職・転職活動で障害者手帳を使うメリットやデメリット』について紹介する。

就職や転職活動で手帳を使った場合のメリットやデメリットを確認したい

といった要望を持っている方に読んで頂きたい内容となっている。

実は、僕自身障害者手帳1級を持っており、就職や転職で障害者手帳を利用しようと検討したことがある。(実際には一身上の都合で利用しなかった)

さらに、この記事では実際に就職や転職活動で手帳を使った方へのインタビューを添えたことで、よりあなたの要望を満たせるものになっただろうと思う。

障害者手帳とは

就職・転職活動で障害者手帳を使うメリットやデメリットを確認する前に、まずは障害者手帳について軽く触れておく

障害者手帳とは、身体障害者手帳精神障害者保健福祉手帳療育手帳の3つを総称するものだ。

それぞれの手帳について少し説明を加える。

 

身体障害者手帳

身体障害者手帳とは、身体障害者福祉法が定める「身体上に障害がある者」に対して、都道府県知事や指定都市の市長が交付する手帳のことだ。

(※上記写真の手帳は実際に僕が所有している手帳

身体障害者手帳を利用することで、多くのサービスやメリットを受けることが可能となる。

身体障害者手帳には6つの種類があり、それぞれの手帳によって受けることのできるサービスやメリットが違う。

精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳とは、「一定程度の精神障害がある者」に対して、都道府県知事や指定都市の市長が交付する手帳のことだ。

身体障害者手帳が1級〜6級まであるのに対し、精神障害者保健福祉手帳は1級〜3級までしかない。

障害の種類としては「統合失調症」や「うつ病」などが精神障害の対象となる。

 

療育手帳

療育手帳とは、「一定程度の知的障害がある者」に対して、都道府県知事や指定都市の市長が交付する手帳のことだ。

地域によって「愛の手帳」(東京・横浜)、「みどりの手帳」(埼玉)のように名称が違うのが特徴だろう。

就職・転職活動で障害者手帳を使うメリット

さて、ここからはメイントピックが続く。

まずは、就職・転職活動で障害者手帳を使うメリットについて紹介していこう。

 

障害者手帳を使えば、障害者雇用枠で就職・転職できる

障害者手帳を利用することで、障害者雇用枠での就職・転職が可能となる。

障害者雇用とは、障害者が自身の障害を苦にせず、能力や特性に応じて働くことができるようにサポートする制度のことだ。

「障害者雇用促進法」によって、一般企業、または地方自治体は一定数以上の障害者を雇用する義務(全社員の約2%)が課せられているのだ。

障害者雇用のメリットやデメリットについて興味のある方は、こちらの記事(『障害者雇用のメリットとデメリットを紹介』)を参考にしてほしい。

 

障害や病気への配慮がある

就職・転職活動で障害者手帳を使って就労が果たせた場合には、障害や病気への配慮を受けることが可能だ。

例えば「通院や入院が必要になった」という場合には早退や中期的な休暇を取ることができる

さらに、身体障害者であればバリアフリーが整った環境でスムーズに仕事がこなせるメリットもあるのだ。

 

障害者雇用に特化したエージェントを利用できる

障害者手帳を利用し、障害者雇用枠での就職・転職を果たせた場合には、障害者雇用に特化した就職・転職エージェントが利用可能となる。

障害者の就職や転職に特化したエージェントを利用できるメリットは、相談者の悩み・課題を元に、その人に合った就労先を紹介してくれることだ。

自身で求人にエントリーするよりも通過率は遥かに上がるうえ、面接対策やレジュメ(履歴書)の添削もして貰えるという点で、利用しない手は無いだろう。

障害者の就職や転職に特化したエージェントについて興味のある方は、こちらの記事(『障害者転職に特化したおすすめ転職エージェントを紹介』)を参考にしてほしい。

就職・転職活動で障害者手帳を使うデメリット

さて、このトピックでは、就職・転職活動で障害者手帳を使うデメリットについて紹介する。

 

障害者雇用枠での業務内容に制限されてしまう

障害者手帳を使って、障害者雇用枠の求人に応募する場合の多くは事務職での勤務となっている現状がある。

 

身体障害者の仕事内容の統計データ

 

精神障害者の仕事内容の統計データ

 

もちろん、事務職での就職を望む場合には、全然構わないが、もし別の職種での就労を望む場合には、求人の数が少なくなってしまう。

さらに、障害者雇用は大手企業しか実施していないので、希望企業が小規模だった場合にはそもそもエントリーすらできないという課題もあるのだ。

 

正社員では無く契約社員になってしまう場合も

意外と知られていないことだが、実は障害者手帳を利用して障害者雇用で入社した場合正社員として勤務できるケースは半分にも満たないのだ。

以下のグラフを確認して欲しい。(引用:1

上記のグラフからも読み取れるように、障害者雇用利用者の約半分が非正社員なのだ

 

手帳を使って就職・転職した場合給料が上がりづらい

一般的に給料が上がるケースはどんな状態だろうか。

よくあるケースは「数値の達成」や「売上への貢献」だろう。

実際に数値達成や売上貢献は非常に評価しやすい指標であるため、功績に応じて給料が上がる仕組みを作りやすい。

一方で、障害者雇用の場合には仕事によっては「数値達成」や「売上への貢献」が見えずらいため、なかなか給料が上がりづらい。

障害者枠で就職をした人の多くが評価が難しい仕事で就労しているため、給料が低いという現象が起こっているのだ。

 

障害別平均給料を確認

下記の表で厚生労働省が平成25年にリリースした情報を確認して貰いたい。

身体障害者 通常(週30時間以上) 251千円
20時間以上30時間未満 107千円
20時間未満 59千円
知的障害者 通常(週30時間以上) 13万円
20時間以上30時間未満 87千円
20時間未満 35千円
精神障害者 通常(週30時間以上) 196千円
20時間以上30時間未満 83千円
20時間未満 47千円

日本人の平均給料が約33万円であることと比べた場合、障害者雇用で入社した際の平均給料が低いことがわかる

 

障害者であることを会社に知られてしまう

就職・転職活動で障害者手帳を使わなかった場合は一般枠として就労することになる。

もちろん、現在の障害が業務遂行において全く支障が無い場合には問題無いだろう。

しかしながら、「通院や入院」を余儀無くされる状態であった場合には、配慮してもらう必要がある。つまり、障害者雇用枠での就職や転職を余儀無くされるのだ。

その場合、就職・転職先の企業に自身が障害者であることを知らせなければならない。

就職・転職活動で障害者手帳を使わないメリット

さて、このトピックでは、就職・転職活動で障害者手帳を使わないメリットについて紹介する。

 

業務内容に制限が無い

先ほど、就職・転職活動で障害者手帳を使った場合には、障害者雇用枠の関係で業務内容に制限が出る旨を紹介した。

しかしながら、障害者手帳を使わないで就職・転職を果たした場合には一般枠での就職・転職になるため、業務内容に制限が無い。

さらに、契約社員では無く、正社員での採用枠もかなり増えるため、そのあたりは就職・転職活動で障害者手帳を使わないで就職・転職するメリットだろう。

 

一般枠と同じ程度の給料が貰える

先ほど、就職・転職活動で障害者手帳を使った場合には、障害者雇用枠の関係で給料が低くなってしまう旨を紹介した。

しかしながら、障害者手帳を使わないで就職・転職を果たした場合には一般枠での就職・転職になるため、一般枠と変わらない給料を手にすることができる

就職・転職活動で障害者手帳を使わないデメリット

さて、このトピックでは、就職・転職活動で障害者手帳を使わないデメリットについて紹介する。

 

障害者雇用枠を利用できない

先ほど、就職・転職活動で障害者手帳を使った場合には、障害者雇用枠での就労が果たせる旨を紹介した。

しかしながら、就職・転職活動で障害者手帳を使わない場合には障害者雇用枠での就労が果たせない。

もちろんメリットも沢山あるが、障害への配慮はして貰えないことになるので、注意が必要だ。

 

障害による悩みを打ち明けられない

就職・転職活動で障害者手帳を使い、障害者雇用枠で就労した場合には、周囲があなたの障害を十分に理解してくれるだろう。

しかしながら、就職・転職活動で障害者手帳を利用せずに就労を果たした場合には、障害による悩みを打ち明けづらい傾向がある。

実際に就職・転職活動で障害者手帳を利用せず就労を果たした僕の友人がいるのだが、彼はその部分でとても苦しんでいた。

就職・転職活動で障害者手帳を利用した体験談

さて、このトピックでは就職・転職活動で障害者手帳を利用して就労を果たしたRepeL共同執筆者である黒田にインタビューを敢行した。

—-障害者雇用を利用して就労しているメリットってありますか?

 

黒田:そうですね。いくつもあると思いますがここでは2つ挙げさせてください。

まず1つ目は福利厚生ですね。
福利厚生というか…。基本的に休みは十分に取れます。土日休みですしね。

先ほど、長い時間の残業があると言いましたが、それも稀ではあります。
いつも忙しいわけではありません。

さらに、自分の経歴以上に立派な会社に務められているので、そこは感謝すべきですよね。

 

次に人間関係です。

基本的にガツガツしてる人が少ないです。直接的な数字のノルマが無いからかもしれません。

僕は仕事をする上で人間関係がとても重要なので、その点は障害者雇用枠で良かったかもしれません。

 

—ありがとうございます。逆に、障害者雇用を利用して就労しているデメリットってありますか?

黒田:そうですね。あるあるだと思うんですけど、給料が低いことですね

給料は、年収ベースで200万円くらいなんです。下手するとアルバイトの方が給料は高いかもです。さらに都会の方に職場あるので、家賃を払うとなるとかなり厳しいですよね。僕の場合は、実家暮らしなのでなんとかなりますが、一人暮らしの人は本当にきついと思いますね。

 

—実際に「給料が低いなぁ」と感じる瞬間ってどんな時ですか?

黒田:僕の職場には障害者だけではなく、一般枠で就労している社員さんもいます。当然僕よりも給料は高いんですけど、業務量はほとんど変わらないんですね。むしろ一般枠の方より多く働くこともあります。そういう勤務体系が続くと少し不満を持つこともありますね。

就職・転職活動で障害者手帳を使うかどうかはあなた次第

さて、このトピックへたどり着くまでに、就職・転職活動で障害者手帳を使うメリット・デメリットについて紹介した。

いかがだっただろうか。

私は就職・転職活動で障害者手帳をしよう!」と思っている方がいる一方で、「んー…私は就職・転職活動で障害者手帳を利用せず、一般枠で就労を果たそう!」と思う方もいるのでは無いだろうか。

そこで、少し強引かもしれないが、僕個人の意見としては「希望職種で給料も十分に貰える障害者雇用を探す」というのがベストな選択だと思う。

いやいや。そんな都合の良いパターンなんて無いでしょ」という声が聞こうそうだ…。笑

 

実は今回、この記事を執筆するにあたって障害者雇用での就職や転職をサポートする会社である「ラルゴ高田馬場」へインタビューを敢行した。

そのインタビューの中で、「希望職種で給料も十分に貰える障害者雇用があるのではないか」という感情を僕自身が抱いたのだ。

もし興味のある方は、ラルゴ高田馬場へインタビュー記事を確認してほしい。

それも踏まえた上で、あなたにとってより良い選択ができることを切に願って、この記事を終了したい。

 

・参考リスト

参考1: 厚生労働省公式HP

PR障害をお持ちのエンジニアにとって最高の職場環境を提供します!

TecH of RepeL
【こんな人にオススメ】
01.年収に不満がある
02.リモートワークで働きたい
03.職場における障害への悩みを相談できない
 

サービスの詳細はこちら

・関連記事一覧

▪︎インタビュー
「あなたにとって最高の働き方を一緒に探したい」
小児がんとの闘いで学んだ『諦めないこと』
▪︎障害者雇用
障害者転職のおすすめ転職エージェントを紹介
障害者雇用とは。メリットやデメリットを紹介
障害者雇用、法定雇用率とは
障害者雇用の課題・問題点
障害者雇用、正社員での就職・転職
障害者雇用、おすすめ求人サイト
障害者雇用、ハローワークは利用すべき?
障害者が仕事を探す最も良い方法
障害者の就労支援には6つの選択肢がある
障害者が年収500万円を稼ぐためにのポイント
障害者として事務職で働いた感想を伝えたい
足が不自由でもできる仕事とは?
転職活動で障害者手帳を使うメリデメ
週20時間未満の障害者雇用が推奨される時代
40代の障害者が転職する際に知るべき知識
障害者が在宅ワークをする際のメリデメ
障害者派遣でおすすめの派遣会社を紹介
dodaチャレンジは利用すべき?評判と口コミ
ラルゴ高田馬場は利用すべき?評判と口コミ
▪︎障害者手帳
身体障害者手帳1級、メリット
身体障害者手帳2級、メリット
身体障害者手帳3級、メリット
身体障害者手帳4級、メリット
身体障害者手帳5級、メリット
身体障害者手帳6級、メリット
身体障害者手帳、JR新幹線の割引メリット
身体障害者手帳、USJの割引メリット
身体障害者手帳、ディズニーランドメリット
身体障害者手帳、映画の割引メリット
身体障害者手帳、ETCの割引メリット
身体障害者手帳、バスの割引メリット
身体障害者手帳、タクシーの割引メリット
身体障害者手帳、スマホの割引メリット
身体障害者手帳、NHKの割引メリット
身体障害者手帳、スカイツリー割引メリット
身体障害者手帳、公営住宅優先入居メリット
身体障害者手帳、障害者控除のメリット
身体障害者手帳、障害者雇用のメリット
▪︎障害年金
障害年金とは
障害基礎年金とは
障害厚生年金とは
障害年金の申請方法
障害年金の更新方法
障害年金のメリット
障害年金のデメリット
障害年金受給者は確定申告が必要?
障害年金と生活保護の同時受給は可能?
▪︎就労移行支援
就労移行支援とは
就労移行支援、対象者
就労移行支援、利用期間
就労移行支援、工賃
リタリコワークスとは
京都でおすすめな就労移行支援所
大阪でおすすめな就労移行支援所
▪︎就労継続支援
就労継続支援A型とは
就労継続支援A型、対象者

就労継続支援A型、利用料
就労継続支援A型、仕事内容
就労継続支援A型、賃金・給料
就労継続支援A型、デメリット

就労継続支援B型とは
就労継続支援B型、対象者
就労継続支援B型、仕事内容
就労継続支援B型、工賃