障害者のための転職エージェントおすすめ6選【障害者本人が推薦】

先天性内部機能障害 / 身体障害者手帳1級所持 / うつ病の闘病経験 / 青山学院大学在学中にRepeL, Inc.を創業 / 個人ブログはこちら


この記事では『障害者の転職に特化したおすすめの転職エージェント』について紹介する。

日々障害を持つ仲間と関わっている中で

 

・障害者雇用で転職したいけど、どこに相談すればわからない

・自分の障害を理解してくれる職場の探し方がわからない

・仕事を探す時に相談できる人が欲しい

 

上記の悩みを抱えている人が非常に多いことに気がついた。

これらの悩みを聞いた時に「障害者転職に特化した転職エージェントを利用すれば、解決するのではないかと僕は思った。

しかしながら、それを僕の友人に話したところ「障害者転職に特化した転職エージェントって何…?」となってしまったので、この記事で詳しく紹介したい。そんな風に思ったのだ。

この記事を読み終わる頃には、「転職エージェントに相談して、最高の転職を叶えたい」と思って貰えるような記事を目指したい。

それではいこう。

 

目次

 

ここがポイント!

障害者が転職する際に相談できる場所はハローワーク人材紹介会社(転職エージェント)のどちらか。

 

・転職相談者の悩み・課題を聞き、その人に合った転職先を紹介するのが転職エージェント

 

ハローワークではなく、障害者の転職に特化した転職エージェントや転職サイトの利用を検討すべきだ

障害者が転職の際に抱える悩みと課題

さて、冒頭でも少し記述したが、障害者が転職する際に抱える悩みとして、

 

・障害者雇用で転職したいけど、どこに相談すればわからない

・自分の障害を理解してくれる職場の探し方がわからない

・仕事を探す時に相談できる人が欲しい

 

上記のようなものがあることは紹介した。
もちろんこれらの悩みを抱えること自体、非常に苦しいことだ。

 

ただ、これは課題というよりは悩みに近いものだと僕は思っている。

実は、障害者が転職する際に、自分の判断だけで、誰にも相談せずに転職を決めてしまうという課題があることを明言したい。

 

確かに、自分の意志を持って転職への判断する事は重要だ。もちろん自分のことは自分が一番知っているのは自分。

しかしながら、自分の意志だけで転職を決めることが必ずしも良いことだと僕は思わない

場合によっては誰かに相談して転職をした方が良い場合もある。

 

なぜ誰にも相談せずに転職を決めてしまうのか

ではなぜ、誰にも相談せずに転職をしてしまうのだろうか

障害者の仲間にヒアリングを重ねる中である1つの答えにたどり着いた

誰にも相談せずに転職してしまう理由として「相談したいけど、どこの誰に相談すれば良いのかわからないという意見が最も多かったのだ。

障害によって生じる悩みは違う。そのため「自分の障害を理解して貰えるのか」という不安も相まって、誰にも相談せずに転職先を決めてしまうのかもしれない。

 

少し器用な人であればハローワークで転職の相談ができるだろう。

もちろん、ハローワークのスタッフは優秀だ。
親身に転職相談に対応をしてくれて、転職先の紹介をしてくれるはずだ

 

しかしながら、ハローワークに相談する事が必ずしも良いとは限らない

なぜならば、ハローワークの求人は良いものばかりではないからだ。

むしろ、誤解を恐れずに言うと”求人掲載費を出したくない“という広告主が求人を出す場所がハローワークとも言える。(※ もちろん全ての求人がそうではないが、ハローワークは求人掲載費が無料なのだ。)

 

では、一体転職相談したい人はどこに相談すれば良いのだろうか

そこで僕は障害者転職に特化した転職エージェントを勧めたい

障害者の転職に特化した転職エージェントとは

「障害者転職に特化した転職エージェントって何?」という声が聞こえてきそうだが、役割は非常にシンプルだ。

障害者転職に特化した転職エージェントの役割は、転職相談者の悩み・課題を聞き、その人に合った転職先を紹介することだ。

障害者は転職エージェントを利用した方が良いのか

結論から言うと、僕は転職エージェントは利用した方が良いと思っている

基本的に障害者が転職を考える時に相談できる場所は、ハローワーク人材紹介会社(転職エージェント)しかない。

そこで、ハローワークか転職エージェントのどちらを利用するのかということだが、求人の質に大きな違いがある

先ほども少し触れたが、ハローワークであれば求人掲載費が一切掛からない。

なので、採用にお金をかけたくない企業がハローワークに求人を出す傾向がある

一方で、人材紹介会社(転職エージェント)経由で採用を考えている企業の場合は、人材紹介料(相場は年収の30%〜35%程度)を払う必要があるのだ。

つまり、金を掛けてでも障害者を採用したい会社の求人が揃っているということだ。

 

転職エージェント利用サポートの流れ

さて、もし転職エージェントの利用を考えた場合、実際にどんなサポートフローになるのかを確認しよう。

 

STEP1:登録する

(氏名、性別、生年月日、年齢、住所、E-mailアドレス、障がい者手帳の有無、希望勤務地、希望職種、希望年収等を応募フォームに記入しよう)

STEP2:担当エージェントから連絡が来る

(面談の日程について電話またはメールにてご案内が来るので履歴書、職務経歴書を準備しておこう)

STEP3:面談を実施

(キャリアアドバイザーに不安なことやキャリアについての相談をしよう)

STEP4:求人を紹介して貰う

(面談をもとにあなたにあった求人を案内してくれるはずだ)

STEP5:職務経歴書・履歴書を添削して貰う

(職務経歴書、履歴書を書き慣れていない人でもしっかりとアドバイスがもらえるので安心しよう)

STEP6:求人に応募する

(転職エージェントがあなたの魅力を書いた推薦文を添えて応募してくれるはずだ)

STEP7:面接対策をして貰う

(面談対策もしっかりサポートしてもらえるので安心しよう)

STEP8:企業との面接試験

(面接試験の日程調整は転職エージェントがサポートしてくれるので対策に専念できるはずだ)

STEP9:内定

(入社後もフォローしてくれるのがポイントだ)

障害者が転職エージェントを利用するメリット

障害者が転職エージェントを利用するメリットは以下の3つだ。

無料で転職相談可能

障害者の転職に関するの知識が豊富

障害者が働きやすい優良求人が多い

 

無料で転職の相談ができる

障害者の転職に特化したエージェント(キャリアアドバイザー)への相談には一切費用が掛からない。しかも、転職エージェントに相談したからといって、そのエージェントを通して転職をしなければならないということは一切ないので安心だ。

例えば「自分にどんな仕事が向いているのかわからない」のような悩みを抱えている人であれば、専門のエージェントが親身に相談にのってくれるはずだ。

 

障害者の転職に関する知識が豊富

実際に僕自身、障害者の転職に特化したエージェントに会ったことがあるが、彼らは障害者雇用の転職事情にかなり精通している。

例えば、「あそこの会社は身体障害者向けのバリアフリーが、どこの会社よりも充実している」「この会社なら車椅子でも駅からアクセスしやすい」というような情報を数多く持っているのだ。

きっとあなたが活躍できる職場の情報を提供してくれるはずだ。

 

障害者が働きやすい優良求人が多い

先ほど、ハローワークの求人は”求人掲載費を出したくない”企業の求人が多いことを紹介した。

しかしながら、障害者の転職に特化したエージェントの場合には求人掲載費(厳密に言うと、人材紹介料)を出してでも採用したい企業の優良求人が多い

障害者が転職エージェントを利用するデメリット

障害者が転職エージェントを利用するデメリットは以下の3つだ。

 

担当エージェントによって当たり外れがある

・合わない求人を押し付けられる可能性がある

・地方に弱い傾向がある

 

担当エージェントによって当たり外れがある

担当するエージェントによっては、やる気がなかったり、あなたの性格を理解してくれないエージェントもいる。

よっぽどひどかった場合には、担当エージェントを変えるように要求することは可能だが、基本的にこちらから担当エージェントを選ぶことはできない。

対策として、エージェント相性が合わなかった場合に備えて、転職エージェントを2社以上登録し利用することをおすすめする

 

合わない求人を押し付けられる可能性がある

障害者特化型の転職エージェントを運営しているのは基本的に民間経営の法人企業だ。

法人企業の場合には仕組み上、継続的に売り上げを出さなければならない。

つまり、相談者に合わないとわかっていても、売り上げ達成のために無理やり求人を紹介し転職を促すケースもある

対策としては先ほどと同じように、転職エージェントを2社以上登録し利用するか、転職サイトを利用するのも手だ。

 

地方に弱い傾向がある

転職エージェントを利用する場合のほとんどがエージェントと直接会って面談することになる。

実は障害者特化型の転職エージェントのほとんどが都市圏にあり、事務所まで足を運ぶ必要があるのだ。

障害者にとって足を運ぶ行為がどれだけ大変かは当事者である僕はよく分かっているつもりだ

さらに紹介出来る求人数も地方は圧倒的に少ない。

対策としては都心で転職先を探し内定をもらった段階で思いきって引っ越すのも手だろう。

障害者の転職に特化したおすすめ転職エージェント

さて、障害者転職に特化した転職エージェントのメリットとデメリットは理解して頂けたかと思う。

このトピックでは、実際に利用すべきおすすめの転職エージェントを紹介する。

 

ラルゴ高田馬場

まず第1におすすめしたいのがラルゴ高田馬場だ。

ラルゴ高田馬場は、障害者手帳を所持している人の就労をサポートする、専門の就職・転職エージェントが在籍する会社。

そして、ラルゴ高田馬場の特徴・強みとしては、「長期就労」をゴールとして就労をサポートしている点だろう。

実は今回、障害者転職に特化したおすすめ転職エージェントの記事を執筆する上でラルゴ高田馬場さんへインタビューを敢行した。

参考:「あなたにとって最高の就労を一緒に探しましょう」 ー ラルゴ高田馬場

 

ぜひインタビュー記事もご覧頂いた上でぜひラルゴ高田馬場へ転職相談をしてみてはいかがだろうか。

障害者の転職に特化した転職エージェント一覧

 

アットジーピー(atGP)

障害者転職サポート実績業界No.1、国内最大手の障害者専門転職エージェントであるアットジーピーはまず間違いなく信頼できる転職エージェントだ。

運営会社は、東京にオフィスを構える株式会社ゼネラルパートナーズ。

実際に僕自身もゼネラルパートナーズとは縁があり、本社まで訪れた事がある。

その際にも、社員全員が気持ちの良い挨拶をしてくれたのをよく覚えている。

 

社長自身が「障害者差別」という課題を解決したいと強く願っている一人でもある。それは、会話をしている中でいつも感じていた。

アットジーピー(atGP)を利用すればまず間違いなく親身になってくれるだろう。

もしアットジーピーへ相談したい!と思う方がいたらこちらのHPから面談の申し込みをして貰いたい。

dodaチャレンジ

dodaチャレンジは、日本最大級転職エージェント「doda」を運営するPERSOLグループの障害者の転職に特化したサービスだ。

強みとしては、圧倒的求人数だろう。

さらに「doda」で紹介している会社の非公開求人を多く持っているはずなので、より自分に合った企業へ転職しやすくなるはずだ。

もしdodaチャレンジへ相談したい!と思う方がいたらこちらのHPから面談の申し込みをして貰いたい。

ランスタッド(チャレンジド転職支援サービス)

ランスタッドは、世界39ヶ国、国内においても100以上の拠点を持つ転職エージェントだ。

1960年にオランダで創業以来、50年以上にわたり培ったノウハウと信頼で転職を成功に導いてくれるだろう。

全国ネットワークを活かし幅広く求人を紹介しているので、地方に弱いというデメリットを解消してくれるはずだ。

 

エージェント・サーナ

エージェント・サーナは、障害者の就労支援26年の実績を持つ、株式会社イフが提供する障害者のための職業紹介サービスだ。

強みとしては、高い内定率とスピード感ある対応だろう。

エージェント・サーナを利用した多くの人が面談から二ヶ月以内に内定を得ている。

26年間、真摯に向き合ってきたからこそ得られた経験とノウハウがあるので、充実したサポートが受けれるはずだ。

もしエージェント・サーナへ転職の相談をしたい!と思う方がいたらこちらのHPから面談の申し込みをして貰いたい。

アビリティスタッフィング

アビリティスタッフィングは、株式会社リクルートのグループ会社の一つで、障害者の転職に特化したサービスだ。

今まで紹介してきた転職エージェントと違う点は、精神障害者の転職に特化していることだろう。

もちろん、身体障害者でも登録することはできるので安心してほしい。

大手企業だからこその手厚いサポートであなたに合った仕事が見つかるはずだ。

障害者が転職をする際に注意すべき点

さて、障害者が転職をする際に最も注意すべき点を。ラルゴ高田馬場の担当エージェントさんからヒアリングした。

 

結論を言うと「就職・転職の理由が明確かどうか」が非常に重要だそうだ。

例えば、「お給料が高い会社に転職したい」という転職理由があるとする。

しかしながら、話を掘り下げて転職理由を聞いてみると、「実は転職をする理由には、別の理由があるのではないか?」そんなふうに思うことが度々あるそうだ。

 

注意すべき点を見逃していた実際のケース

実は、障害者が転職をする際に注意すべき点をヒアリングしている最中に友人のことを思い浮かべた。

 

僕の友人で内部機能障害を抱えた友達がいる。

その彼が転職しようか悩んでいた際に、「もっと社会にインパクトのある仕事がしたい」と言っていたのだ。

確かに、そういった理由も一部あることは伺えた。しかしながら、よく話を聞いてみると、前職では障害を周りに理解されずに苦しんでいた背景があることに気が付いたのだ。

実際、彼が抱えている課題は、社会にインパクトのある仕事をしていなかったことではなく、同じ職場の仲間に自身の障害を理解して貰えなかったことだったのだ。

そのような意味で「今抱えている課題はなんなのか。就職・転職を考えている本当の理由」を思考することは重要だと思っている。

転職エージェントを利用して転職が成功するコツ

このトピックでは、注意すべき点を踏まえて実際に転職エージェントを利用する際のコツを紹介する。

 

・就職・転職の理由を明確にする

・企業を選ぶ上で何を大切にするかを明確にする

 

就職・転職の理由を明確にする

「仕事が忙し過ぎて家族との時間が取れない。なので残業が少ない企業に就職・転職したい」というような明確な理由がある場合は転職が成功しやすい。

一方で、転職が失敗しやすいパターンとしては他の会社でも起こりそうな理由で転職する場合は注意が必要だ。

例えば、「自身の障害が同僚に理解されなくて…」という理由の場合には転職しなくても解決できるケースもある。

 

企業を選ぶ上で何を大切にするかを明確にする

給料が大事なのか、ライフワークバランスが大事なのか、それにマッチした企業を選ぶことが成功に繋がる。

今日からでもできるトレーニングとして求人票を見て考える事で、自分が大切にしてる本質的な価値観を知ることができるはずだ。

転職エージェントに関するQ&A

ここでは、よくある質問をまとめてみた。

 

Q.登録料や相談料はかからないの?

A.メリットにも書いてある通り一切費用はかからない。ただし、相談を受けに行く際の交通費は自費になるので注意が必要だ。

 

Q.登録したのに連絡がこないんだけど…?

A.メールで連絡が届く場合、PCからの送信を拒否設定していると受信できていない可能性もあるので設定を確認しよう。

 

Q.対象は転職者だけなの?

A.就労経験がなくても転職エージェントを利用できるので安心しよう。

 

Q.障害雇用でも正社員になれる?

A.初めから正社員で雇用してくれる企業は少ないかもしれないが正社員になることは可能。しかしながら、フルタイムで働くことになるので体調管理が重要だ。

 

Q.40代からでもステップアップできる?

A.結論から言うとできる。しかしながら、20〜30代の方が転職率が高いのが現状だ。一度、転職エージェントに相談してみることをオススメする。

 

障害者転職に特化したおすすめ転職エージェントまとめ

いかがだっただろうか。
今回は障害者転職に特化したおすすめ転職エージェントを紹介させて頂いた。

ボリュームが大きくなってしまったので、最後に少しこの記事の要点をまとめたい。

 

1.転職の相談をしたいけど、どこの誰に相談すれば良いのかわからない

2.ハローワークに相談をする

3.もっと良い方法がある

4.障害者の転職に特化した転職エージェントを利用する

5.相性が合わない場合がある….。

6.障害者の転職に特化した転職サイトを利用する

 

つまり、障害者の転職に特化した転職エージェントに相談し、それが納得できないようであれば、障害者の転職に特化した転職サイトを利用すべきだろうというのが僕の結論だ。

PR障害をお持ちのエンジニアにとって最高の職場環境を提供します!

TecH of RepeL
【こんな人にオススメ】
01.年収に不満がある
02.リモートワークで働きたい
03.職場における障害への悩みを相談できない
 

サービスの詳細はこちら

・関連記事一覧

▪︎インタビュー
「あなたにとって最高の働き方を一緒に探したい」
小児がんとの闘いで学んだ『諦めないこと』
▪︎障害者雇用
障害者転職のおすすめ転職エージェントを紹介
障害者雇用とは。メリットやデメリットを紹介
障害者雇用、法定雇用率とは
障害者雇用の課題・問題点
障害者雇用、正社員での就職・転職
障害者雇用、おすすめ求人サイト
障害者雇用、ハローワークは利用すべき?
障害者が仕事を探す最も良い方法
障害者の就労支援には6つの選択肢がある
障害者が年収500万円を稼ぐためにのポイント
障害者として事務職で働いた感想を伝えたい
足が不自由でもできる仕事とは?
転職活動で障害者手帳を使うメリデメ
週20時間未満の障害者雇用が推奨される時代
40代の障害者が転職する際に知るべき知識
障害者が在宅ワークをする際のメリデメ
障害者派遣でおすすめの派遣会社を紹介
dodaチャレンジは利用すべき?評判と口コミ
ラルゴ高田馬場は利用すべき?評判と口コミ
▪︎障害者手帳
身体障害者手帳1級、メリット
身体障害者手帳2級、メリット
身体障害者手帳3級、メリット
身体障害者手帳4級、メリット
身体障害者手帳5級、メリット
身体障害者手帳6級、メリット
身体障害者手帳、JR新幹線の割引メリット
身体障害者手帳、USJの割引メリット
身体障害者手帳、ディズニーランドメリット
身体障害者手帳、映画の割引メリット
身体障害者手帳、ETCの割引メリット
身体障害者手帳、バスの割引メリット
身体障害者手帳、タクシーの割引メリット
身体障害者手帳、スマホの割引メリット
身体障害者手帳、NHKの割引メリット
身体障害者手帳、スカイツリー割引メリット
身体障害者手帳、公営住宅優先入居メリット
身体障害者手帳、障害者控除のメリット
身体障害者手帳、障害者雇用のメリット
▪︎障害年金
障害年金とは
障害基礎年金とは
障害厚生年金とは
障害年金の申請方法
障害年金の更新方法
障害年金のメリット
障害年金のデメリット
障害年金受給者は確定申告が必要?
障害年金と生活保護の同時受給は可能?
▪︎就労移行支援
就労移行支援とは
就労移行支援、対象者
就労移行支援、利用期間
就労移行支援、工賃
リタリコワークスとは
京都でおすすめな就労移行支援所
大阪でおすすめな就労移行支援所
▪︎就労継続支援
就労継続支援A型とは
就労継続支援A型、対象者

就労継続支援A型、利用料
就労継続支援A型、仕事内容
就労継続支援A型、賃金・給料
就労継続支援A型、デメリット

就労継続支援B型とは
就労継続支援B型、対象者
就労継続支援B型、仕事内容
就労継続支援B型、工賃