コラム

タクシーの障害者割引料金と乗車方法【体験談】

この記事では『タクシーの障害者割引料金と乗車方法』について紹介する。

 

・障害者割引を利用したらタクシーっていくらで乗れるっけ

どのタイミングで障害者手帳を提示すればいいの

・タクシー券っていくら分貰える?てか、どこで貰うの

 

上記のような疑問を僕自身が抱いたこともあり、実際に利用してみた

その時の体験も踏まえてこの記事では、タクシーの障害者割引料金と乗車方法について詳しく紹介したい。

身体障害者手帳とは

さて、このトピックでは身体障害者手帳について紹介する。

タクシーの障害者割引は身体障害者手帳が無いと利用できないので覚えておこう。(愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳でも可)

 

身体障害者手帳とは、身体障害者福祉法が定める「身体上に障害がある者」に対して、都道府県知事や指定都市の市長が交付する手帳のことだ。

(※上記写真の手帳は実際に僕が所有している手帳

身体障害者手帳の所持は「身体障害者」としての1つの特徴であり、多くのサービスやメリットを受けることが可能となる。

タクシーの障害者割引料金は1割引

さて、このトピックでは障害者割引を利用した場合にどれくらいの値段でタクシーに乗れるのかを紹介する。

結論から言うと、障害者割引を利用するとタクシーの料金は1割引になる。

この割引額は全国共通なので覚えておこう。

 

以前、僕が障害者割引を利用した時の例を紹介する。

 

渋谷駅から新宿駅までの値段(13:00 – 13:30)

通常料金 : 約1,400

障害者割引適用料金 : 約1,260

障害者割引でのタクシー乗車方法

さて、このトピックでは障害者割引を利用してタクシーに乗車する方法を紹介する。

「タクシーの障害者割引料金が通常価格から1割引かれることは分かったんだけど、障害者割引の利用をどうやって運転手に伝えるの?」という疑問があるだろう。

ぜひそんな疑問を解消したい。

 

タクシーで障害者割引を利用する際は、乗車時に手帳を見せる

結論から言うと、障害者割引を利用してタクシーに乗車する際は、乗車時に「障害者割引を利用します」と運転手に伝え、同時に障害者手帳を見せるのがベストだろう。

実際には取り決めがあるわけではないので、手帳の提示はいつでも大丈夫だ。

 

しかしながら、個人的な体験を踏まえて言うと手帳の提示は行き先を告げる時がベストだろう。

なぜならば、目的地に到着してから身体障害者手帳を提示した際、「手帳を利用する時は乗車の時に言ってくださいねー。」と言われたことがあるからだ。

色々と手続き等が運転手側にもあるのだろう…。

障害者割引でタクシーに乗車する際の注意点

このトピックでは障害者割引でタクシーに乗車する際の注意点について紹介する。

 

障害者割引の利用に手帳の等級は関係無い

よくある疑問のひとつに「タクシーの障害者割引に手帳の等級が関係あるかどうか」というものがある。

結論から言うと、タクシーで障害者割引を利用するために手帳の等級は関係無い

手帳の身体障害者手帳の等級が1級でも6級でも、タクシーの障害者割引は同様に受けれるサービスなのだ。

タクシー券の貰い方や料金について

自治体によっては、市役所の障害福祉窓口に申請することで無料のタクシー券を配布している地域もある。

僕が住んでいる東京都の自治体でも3万円から4万円分のタクシー券を配布している。

タクシー券を貰う場合には

 

・身体障害者手帳(愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳)

・上半身脱帽写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートル)1枚

・印鑑

 

上記3つが必要となるので注意しよう(※自治体によって違うので要確認)

 

言うまでも無いが、タクシー券は非常に便利で使いやすくもある。

しかしながら、タクシー券を利用する際には注意しなければならないポイントがある。

十分に理解できていないとタクシー券を利用できないのでしっかり読み込んで欲しい。

 

タクシー券を利用する際の注意点

結論から言うと、タクシー券は全国どこでも使えるわけではない

タクシー券はあくまで地方自治体が発行しているにすぎないので、発行場所の周辺地域でしか利用できないのだ。

 

「では、実際にどこなら利用できるの?」という疑問が浮かぶと思うが、タクシー券の裏側に、券を利用できるタクシー会社が記載されているので確認して欲しい。

 

タクシー券を使用する際は時間に余裕を持とう

これについては僕自身も意外な体験だったのだが、どこの自治体のタクシー券を利用できるのかについて、運転手が理解していないことが結構ある。

明らかに遠い地域の場合には悩む必要は無いが、隣町のような微妙な距離の場合には運転手も把握していないことが多いのだ。

その場合には、タクシー券を使えるかどうかについて運転手が本部へ問い合わせるので、お会計に時間が掛かってしまうのだ。

タクシーの障害者割引料金と乗車方法まとめ

いかがだっただろか。
今回はタクシーの障害者割引料金と乗車方法について紹介した

さいごに押さえておきたいポイントを下記にまとめたので確認して欲しい。

 

・障害者手帳を提示すれば1割引でタクシーに乗れる

・障害者手帳はタクシーの乗車時に運転手へ申告する

・タクシー券は市役所などの障害福祉課で貰える。金額は地方自治体によって異なるが年間3万円〜4万円程度

 

今回は実体験も踏まえて執筆できたことで内容に色を加えることができた。

今後とも身体障害者手帳を持つ当事者として、あらゆるトピックで記事の執筆を試みたい。

是非とも今回の記事があなたの課題を解決するものであったなら嬉しく思う。

ABOUT ME
渡邉まさる
先天性内部機能障害 / 身体障害者手帳1級所持 / うつ病の闘病経験 / 青山学院大学在学中にRepeL, Inc.を創業 / 個人ブログはこちら

障害者エンジニアの就労をサポート!

こんな悩みはありませんか?

 

私たちが職場へ”直接”働きかける事で解決します!