障害年金の等級ごとの受給額と認定基準を紹介

先天性内部機能障害 / 身体障害者手帳1級所持 / うつ病の闘病経験 / 青山学院大学在学中にRepeL, Inc.を創業 / 個人ブログはこちら


この記事では『障害年金の等級ごとの受給額と認定基準』について紹介する

「検索しても思い通りの情報にアクセスできない!」こんな煩わしさを思い知ったことはないだろうか?

今回は、身体障害者手帳1級を持つ僕自身が障害年金の認定基準と等級表について理解しづらいポイントをわかりやすく紹介する。

この後のトピックを見ると、『障害年金の等級ごとの受給額と認定基準』についての疑問や課題が解決しているはずだ。

この記事を読んでわかること

障害等級とは

障害等級とは、障害年金が支給される障害を持っている場合に給付金の額を決めるための指標だ

障害年金の等級は、身体障害者手帳の交付基準とは全く別の基準なので、注意しよう

等級は1級・2級・3級から成っており、障害等級によって障害年金が給付される額が異なる。

さらに、障害基礎年金の場合には障害等級1級、あるいは2級でなければ給付を受けることができない。

障害等級は、障害年金の額だけでは無く、給付資格にも関わってくるのだ。

ここで、障害基礎年金という言葉が出てきた。
そのあたりを次の章で少し説明を加えたい。

障害年金とは

障害年金とは病気や怪我で生活や仕事が著しく制限される場合に受け取ることができる公的な年金のことだ。

一般的に年金というと65歳以上の方が受給できる「老齢年金」を想像するだろう。しかしながら、20歳以上であれば受給できる年金が障害年金なのだ。

障害年金に身体障害者手帳の有無が関係ないことも覚えておこう。

さらに、障害年金には「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2つがある。
詳しく見ていこう。

 

障害基礎年金とは

障害基礎年金とは、自身の病気について初めて診療を受けた日(初診日)に国民年金に加入している方が受給できる障害年金のことだ。

国民年金に加入する前(20歳以前)に初診を受けた方でも、病気や障害が継続していれば、障害基礎年金に加入することができる。

障害基礎年金の申請方法などは、下記の参考記事を確認して欲しい。

 

障害厚生年金とは

障害厚生年金とは、自身の病気について初めて診療を受けた日(初診日)に厚生年金に加入している方が受給できる障害年金のことだ。

障害厚生年金は障害基礎年金と比べて受給しやすい障害年金になる。
障害基礎年金にプラスされるようなものと考えれば良いだろう。

障害年金についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ下記参考記事を確認して欲しい。

障害年金の認定基準や等級表を確認

さて、障害等級や障害年金については確認して頂けただろう。

この章では障害等級によって、障害年金の支給がどのように変化するのかを確認していきたい

 

障害年金 等級1級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状によって、日常生活ができない程度の人が障害等級1級に当たる

番号 障害の状態
1号 両眼の視力の和が0.04以下のもの
2号 両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの
3号 両上肢の機能に著しい障害を有するもの
4号 両上肢のすべての指を欠くもの
5号 両上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
6号 両下肢の機能に著しい障害を有するもの
7号 両下肢を足関節以上で欠くもの
8号 体幹の機能に座っていることができない程度又は立ち上がることができない程度の障害を有するもの
9号 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする症状が前各号と同程度以上と認められる状態であって日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
10号 精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
11号 身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの

 

障害年金 等級2級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が、 日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度の人が障害等級2級に当たる。

番号 障害の状態
1号 両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの
2号 両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの
3号 平衡機能に著しい障害を有するもの
4号 そしゃくの機能を欠くもの
5号 音声又は言語機能に著しい障害を有するもの
6号 両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠くもの
7号 両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障害を有するもの
8号 1上肢の機能に著しい障害を有するもの
9号 1上肢のすべての指を欠くもの
10号 1上肢のすべての指の機能に著しい障害を有するもの
11号 両下肢のすべての指を欠くもの
12号 1下肢の機能に著しい障害を有するもの
13号 1下肢を足関節以上で欠くもの
14号 体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有するもの
15号 前各号に掲げるもののほか、身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする症状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は、日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
16号 精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
17号 身体の機能の障害若しくは病状又は精神の障害が重複する場合であって、その状態が前各号と同程度以上と認められる程度のもの

 

障害年金 等級3級

労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの。 また、傷病が治癒していない場合は労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の人が障害等級3級に当たる。

番号 障害の状態
1号 両眼の視力が0.1以下に減じたもの
2号 両耳の聴力が、40センチメートル以上では通常の話声を解することができない程度に減じたもの
3号 そしゃく又は言語の機能に相当程度の障害を残すもの
4号 脊柱の機能に著しい障害を残すもの
5号 1上肢の3大関節のうち、2関節の用を廃したもの
6号 1下肢の3大関節のうち、2関節の用を廃したもの
7号 長管状骨(上腕、前腕、大腿、下腿の管状の骨)に疑関節を残し、運動機能に著しい障害を残すもの
8号 1上肢のおや指及びひとさし指を失ったもの又はおや指若しくはひとさし指を併せ、1上肢の3指以上を失ったもの
9号  おや指及びひとさし指を併せ1上肢の4指の用を廃したもの
10号 1下肢をリスフラン関節(足趾の一番付け根、土踏まずの前方)以上で失ったもの
11号 両下肢の十趾の用を廃したもの
12号 前各号に掲げるもののほか、身体の機能に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
13号 精神又は神経系統に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
14号 障害が治らないで、身体の機能又は精神若しくは神経系統に労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するものであって、厚生大臣が定めるもの

 

障害手当金

障害厚生年金では障害等級の3級よりも軽い障害が残った場合に、一時金として障害手当金が支給される。

傷病が治癒したものであって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の人が障害手当金を貰うことが可能だ

番号 障害の状態
1号  両眼の視力が0.6以下に減じたもの
2号 1眼の視力が0.1以下に減じたもの
3号 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
4号 両眼による視野が2分の1以上欠損したもの又は両眼の視野が10度以内のもの
5号 両眼の調節機能及び輻輳(ふくそう)機能に著しい障害を残すもの
6号 1耳の聴力が、耳殻に接しなければ大声による話を解することができない程度に減じたもの
7号 そしゃく又は言語の機能に障害を残すもの
8号 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
9号 脊柱の機能に障害を残すもの
10号 1上肢の3大関節のうち、2関節に著しい機能障害を残すもの
11号 1下肢の3大関節のうち、1関節に著しい機能障害を残すもの
12号 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
13号 長管状骨(上腕、前腕、大腿、下腿の管状の骨)に著しい転移変形を残すもの
14号 1上肢の2指以上を失ったもの
15号 1上肢のひとさし指を失ったもの
16号 1上肢の3指以上の用を廃したもの
17号 ひとさし指を併せ1上肢の2指の用を廃したもの
18号 1上肢のおや指の用を廃したもの
19号 1下肢の第1趾又は他の4趾以上を失ったもの
20号 1下肢の5趾の用を廃したもの
21号 前各号に掲げるもののほか、身体の機能に、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
22号 精神又は神経系統に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

障害年金で支給される金額を確認

さて、障害年金の等級について確認した。
これで、自分がどの等級に当たるかをご理解頂けたかと思う。

この章では、実際に障害年金で給付される金額を確認したい。

 

障害基礎年金

障害基礎年金は定額で、1級と2級の金額の違いは下記の表をみてほしい。

等級 支給額(年) 子が1人 子が2人 子が3人
1級 97万4125円 119万8425円 142万2725円 149万7525円
2級 77万9300円 100万3600円 122万7900円 130万2700円

 

障害厚生年金

障害厚生年金は厚生年金に加入していた長さと納めた保険料などで金額は変わってくる。

障害手当については、障害年金3級の2年分が支給される。

等級 支給額
1級 報酬比例の年金額×1.25+障害基礎年金1級(年間97万4125円)
2級 報酬比例の年金額+障害基礎年金2級(年間77万9300円)
3級 報酬比例の年金額(最低保障額 年間58万4500円)
障害手当金 報酬比例の年金額の2年分(最低保障額 116万9000円)

障害年金3級と障害手当金について

さて、障害年金について理解したところで、障害基礎年金と障害厚生年金の大きな違いをまとめたので、もう一度確認しよう。

 

障害年金3級

障害基礎年金と障害厚生年金の大きな違いの一つに、障害年金3級で受給できるかできないかがある。

障害年金3級は、障害厚生年金にのみ設けられてるものなので、障害基礎年金には障害年金3級が無いので覚えておこう。

 

障害手当金

障害基礎年金と障害厚生年金のもう一つの大きな違いで、障害手当金が支給されるかされないかがある。

これまでのトピックでも紹介しているので、詳しい説明は省略するが、障害年金の等級が3級よりも軽い障害が残った場合に、一時金として障害手当金が支給されるものだ。

障害手当金についても、障害厚生年金にのみ設けられているものなので、障害基礎年金には無いので覚えておこう。

障害年金の申請方法

さて、障害年金の支給金額が確認できたところで、最後に障害年金の申請方法を確認しよう。

 

障害年金の申請はどこでおこなうのか

障害年金の申請場所
障害基礎年金 お住まいの市区町村窓口、または年金事務所
障害厚生年金 年金事務所

障害年金の受給資格があるかどうかの判断期間として3ヶ月ほど時間がかかるので、注意が必要だ。

 

障害年金の申請に必要な書類

障害基礎年金

障害基礎年金の申請に必要な書類は10個ある。

1.障害年金請求書(地方自治体の役場、または年金事務所、年金総合センター窓口で入手可能)

2.年金手帳

3.世帯全員の住民票

4.医師の診断書

5.受診状況の診断書

6.病歴・就労状況等申立書

7.受取先の金融機関の通帳やキャッシュカード等

8.印鑑

9.請求者本人の所得証明書(20歳前障害の場合)

10.障害者手帳(所持している場合)

上記に加え、子供が障害年金の受給対象者である場合には、

a.戸籍謄本

b.子供の収入表(学生の場合は学生証など)

も必要なので、覚えておこう。

 

障害厚生年金

障害障害厚生年金の申請に必要な書類は7個ある。

1.障害年金請求書

2.年金手帳

3.医師の診断書

4.世帯全員の住民票

5.受診状況の診断書

6.病歴、就労状況等申立書

7.受取先の金融機関の通帳やキャッシュカード等

上記に加え、子供が障害年金の受給対象者である場合には障害基礎年金と同様

a.戸籍謄本

b.子供の収入表(学生の場合は学生証など)

まとめ

いかがだっただろうか。
今回は、障害年金の等級ごとの受給額と認定基準について執筆をした。

最後に、この記事をまとめたので確認してほしい。

・障害年金の等級は、身体障害者手帳の交付基準とは全く別の基準

・障害基礎年金と障害厚生年金の2種類がある

・障害厚生年金にのみ障害年金3級と障害手当金がある

 

今後とも身体障害者手帳を持つ当事者として、あらゆるトピックで記事の執筆を試みたい。

是非とも今回の記事があなたの課題を解決するものであったなら嬉しく思う。

PR障害をお持ちのエンジニアにとって最高の職場環境を提供します!

TecH of RepeL
【こんな人にオススメ】
01.年収に不満がある
02.リモートワークで働きたい
03.職場における障害への悩みを相談できない
 

サービスの詳細はこちら

・関連記事一覧

▪︎インタビュー
「あなたにとって最高の働き方を一緒に探したい」
小児がんとの闘いで学んだ『諦めないこと』
▪︎障害者雇用
障害者転職のおすすめ転職エージェントを紹介
障害者雇用とは。メリットやデメリットを紹介
障害者雇用、法定雇用率とは
障害者雇用の課題・問題点
障害者雇用、正社員での就職・転職
障害者雇用、おすすめ求人サイト
障害者雇用、ハローワークは利用すべき?
障害者が仕事を探す最も良い方法
障害者の就労支援には6つの選択肢がある
障害者が年収500万円を稼ぐためにのポイント
障害者として事務職で働いた感想を伝えたい
足が不自由でもできる仕事とは?
転職活動で障害者手帳を使うメリデメ
週20時間未満の障害者雇用が推奨される時代
40代の障害者が転職する際に知るべき知識
障害者が在宅ワークをする際のメリデメ
障害者派遣でおすすめの派遣会社を紹介
dodaチャレンジは利用すべき?評判と口コミ
ラルゴ高田馬場は利用すべき?評判と口コミ
▪︎障害者手帳
身体障害者手帳1級、メリット
身体障害者手帳2級、メリット
身体障害者手帳3級、メリット
身体障害者手帳4級、メリット
身体障害者手帳5級、メリット
身体障害者手帳6級、メリット
身体障害者手帳、JR新幹線の割引メリット
身体障害者手帳、USJの割引メリット
身体障害者手帳、ディズニーランドメリット
身体障害者手帳、映画の割引メリット
身体障害者手帳、ETCの割引メリット
身体障害者手帳、バスの割引メリット
身体障害者手帳、タクシーの割引メリット
身体障害者手帳、スマホの割引メリット
身体障害者手帳、NHKの割引メリット
身体障害者手帳、スカイツリー割引メリット
身体障害者手帳、公営住宅優先入居メリット
身体障害者手帳、障害者控除のメリット
身体障害者手帳、障害者雇用のメリット
▪︎障害年金
障害年金とは
障害基礎年金とは
障害厚生年金とは
障害年金の申請方法
障害年金の更新方法
障害年金のメリット
障害年金のデメリット
障害年金受給者は確定申告が必要?
障害年金と生活保護の同時受給は可能?
▪︎就労移行支援
就労移行支援とは
就労移行支援、対象者
就労移行支援、利用期間
就労移行支援、工賃
リタリコワークスとは
京都でおすすめな就労移行支援所
大阪でおすすめな就労移行支援所
▪︎就労継続支援
就労継続支援A型とは
就労継続支援A型、対象者

就労継続支援A型、利用料
就労継続支援A型、仕事内容
就労継続支援A型、賃金・給料
就労継続支援A型、デメリット

就労継続支援B型とは
就労継続支援B型、対象者
就労継続支援B型、仕事内容
就労継続支援B型、工賃