企業情報

ソフトバンクの障害者採用・雇用で最低限知っておくべきこと!入社のためのポイントを徹底解説!

この記事では、ソフトバンクに障害者雇用枠として採用されるために必要な情報をまとめています。

ただ、いざ就職・転職してみたいと思っても、
HPや求人を見るだけでは情報が多い上に、企業のいいところばかり書いてあって、入社する上で本当に重要な情報が分かりづらいですよね。

また、ソフトバンクのような有名大手企業には、
「障害者の自分では入れないんじゃないか…?」という不安を持たれる方も多いでしょう。

「障害を持っているけれど、ソフトバンクで働きたい!」

という思いを持っている障害者の方のために、障害者のソフトバンクへの入社方法について解説していきます。

ソフトバンクはどんな会社?

ソフトバンクは、ソフトバンクグループ株式会社傘下の会社で、携帯キャリアをはじめとした大手通信事業を中心に事業を展開している会社です。

現在はAI事業やフィンテック事業などの新たな分野への多様化や、アメリカやアジアなど海外へのグローバル展開を積極的に行っており、比較的安定した大企業でありながら、まだまだ成長していくことが予想できます。

本社は東京にありますが、職種によって様々な拠点で活動しています。

ソフトバンクに障害者採用・雇用で入社するにはどうしたらいい?

結論、障害者採用で入社する場合、障害者の就職支援に特化した転職エージェントの活用をオススメします。

ソフトバンクが障害者採用サイトに掲載していない、転職エージェントだけが持っている非公開求人を保有している可能性があります。

また、プロの視点から選考対策を手厚く行ってくれることが多いため、自力で活動するよりも内定獲得率を高めることができます。

以上、非公開求人の紹介と内定率UPの2点から、ソフトバンクへの入社を考える場合、転職エージェントを利用することが得策と言えるでしょう。

続いて、目指す職種別に、登録しておくべきエージェントについてご紹介します。

総合職(営業・事務・販売系など、技術職以外の職種)

ソフトバンクの総合職や販売職への転職を考えるなら、dodaチャレンジatGPなど、業界大手の障害者支援エージェントの利用をオススメします。

エージェントの中でも、ソフトバンクの求人を持っておらず対応できないという自体が起こることもあります。

しかし、大手エージェントは求人を大量に保有しているので、あなたの希望するソフトバンクの求人を持っている可能性が高いです。

さらに言えば、どちらか一つではなく、両方に登録し、並行して利用する方が、より希望の求人を見つけることができる可能性が高まるのでオススメです!

dodaチャレンジ

dodaチャレンジは、日本最大級の人材サービス「doda」のパーソルグループが運営する障害者専門の就職支援サービスです。

圧倒的な非公開求人数を保有しており、「doda」でも紹介している大手企業への紹介も多くまた、dodaチャレンジ自体が特例子会社(障がい者によって運営されている組織)なので、障害者特有の悩みに対する理解があります。

身体、精神、発達、知的など、障害の種類ごとに専門チームで支援をしており、一人一人にあったサービスが受けられるでしょう。

dodaチャレンジは、全ての障害者にオススメの転職サービスと言えます。

>>>>障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】

atGP

atGPは、「業界No.1」の障害者就業支援サービスです。

障害者転職のサポート実績No.1のエージェントです。つまり、日本で一番多くの障害者の就職支援をしています。

また、求人数も2000以上と、こちらも業界No.1です。大量で幅広い求人の中から、あなたの希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

atGPでは、求職者の「やりたいこと」を重視することをサポートの方針としています。

なので、「大量の求人を送りつけられるかも・・」というエージェントへの心配は無用だと思います。

実績・求人数共にNo.1のatGPは、「どこに登録するか迷ったらとりあえず登録しておけ!」といえるようなサービスだと思います。

>>>プロと一緒にする転職活動!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

技術職(エンジニア)

ソフトバンクの中でも、エンジニアなどの技術系職種を目指すなら、エンジニア志望者の就職支援に特化しているマイナビITへの相談をオススメします。

エンジニアに特化したサポートを長所としており、エンジニアを目指したい方の力になってくれるでしょう。

マイナビIT

マイナビITは、ITエンジニアの求人数を日本一保有しています。

マイナビITを利用しないと受けられない案件も数多くあるので、幅広い選択肢の中から理想の仕事を見つけるためにも、是非登録しておきましょう。

またマイナビITは、一人一人の就職者へのサポート力に定評があります。

IT業界の転職に必要な基礎知識や、面接などの選考対策まで、つまずきがちなポイントを中心に細かく教えてもらうことができます。

>>>プロと一緒にする転職活動!IT業界・エンジニアの転職ならマイナビIT!

ソフトバンクの障害者雇用の採用情報

ソフトバンクへの入社を目指す上で必ず知っておくべき、採用情報について解説します。

ソフトバンクの障害者採用の募集職種

現在ソフトバンクの障害者採用枠で募集されているポジションを見ていきましょう。

主な仕事内容と、転職を目指す上で重要なスキルや経験について簡単にまとめました。

アソシエイト職(事務系)

各部門に配属され、企画や社内外の調整、各プロジェクトの予算管理などのアシスタント業務を行います。

全国転勤はありませんが、各地の事業所に希望をもとに配属されます。

PCの使用経験が必須になります。

内勤営業

お問い合わせのあった法人のお客さんの対応をし、契約の維持及び顧客単価の向上を目指します。

形式としては電話やメールなどの非対面形式で営業を行うインサイドセールスを中心としており、取引先に営業をしに行くことはほぼないことや、数字へのプレッシャーも比較的低いことが魅力です。

営業経験が必須で、特にモバイルやIT業界での営業経験があると、転職時にとても高く評価されます。

法人直販営業

ソフトバンクの持つテクノロジーや商材を使って企業の課題を解決する、いわゆるソリューション営業です。

こちらも営業経験に加えてIT業界での知識や経験が評価されますが、
上記の内勤営業と異なる点として、外出してお客さんとコミュニケーションを取ることに支障がないことが条件になります。

総合職/映像制作

サービス企画の部署として、映像に関する新規事業立ち上げの部門になります。

スポーツと5Gを組み合わせたサービス・事業の推進が主な業務で、次世代の技術に触れることができるのがとても魅力的な点です。

映像制作や動画配信の経験、もしくはテレビ局やエンタメ業界での経験があるとかなり評価されやすくなります。

総合職/エンジニア

エンジニアの中でも、様々な役割に別れています。

技術系なら、移動体通信システムの保全運用の部門や、伝送データベース管理、伝送工事の発注補助の部門。

情報系なら、システム間での安全管理をする部門や、情報システム開発・システム障害管理・システム運用・保全業務などの開発を行う部門などが存在します。

エンジニアとしての実務経験が必要な上、経験者がかなり優遇されます。

そのため自分が経験のある分野のなかで志望するか、
もしくは経験がない場合は一度別の会社などで実務経験を積むことが内定への近道になります。

総合職/企画・管理系

業務内容はほとんど一般のビジネス企画職に似ています。

ソフトバンクの手がける様々なサービスやプロジェクトの企画や実行、推進に関わる業務を行います。

希望職種に関連する実務を経験している人がかなり優遇されます。

人事スタッフ

本社もしくはソフトバンクグループの子会社にて人事管理業務を行います。

具体的には、入退社や異動のデータ管理、発令対応や稟議対応、採用選考管理など、人事としての庶務全般を担当する可能性があります。

社会人として3年以上の勤務経験に加え、人事としての実務経験も求められるので、

応募対象者は経験を積んでいる人に限定される職種です。

法人オペレーションセンター(福岡・総合職)

法人向けネットワークサービスを開通するためのオペレーション業務を行います。

具体的には、お客様や他通信事業者との調整、工事会社への作業指示、社内外からの各種問い合わせ対応などを担当します。

色々な方との調整が必要なので、コミュニケーション力が求められます。

ポテンシャル採用(学生・未就業者向け)

ここまで紹介してきた職種は何らかの実務経験が既にあることが前提の職種になります。

つまり、まだ社会人として働いた経験のない人には受ける資格がないということになります。

しかし、この記事を読まれている方の中には、

「アルバイト以外で働いた経験はまだない・・」

という方もいらっしゃるのではないかとおもいます。

そう言った方は、ポテンシャル採用での挑戦をオススメします。

ソフトバンクでは、大学もしくは高専卒の30歳までの方であれば、ポテンシャル採用として採用する機会があります。

選考や待遇に関しては新卒採用とほぼ同じになるので、詳しく気になる方は、新卒採用のサイトをチェックしてみることをオススメします。

ソフトバンクの求める人物像

ソフトバンクがどんな人物を求めているのか、人物面とスキル面に分けて解説します。

人物面

常に挑戦し、意欲的に行動ができる人であることが重要です。

採用HPにて、「ソフトバンクの変化を楽しみ、何事もチャンスと捉え挑戦する人」

とメッセージを送っています。

また、社内で重視されている5つのバリューとして、「No.1」「逆算」「挑戦」「スピード」「執念」を掲げています。

これは大企業でありながら、新規事業をいくつも立ち上げたり、新たな分野やテクノロジーへの挑戦を常に行ってきた、ソフトバンクならではの風土が反映された考え方と言えます。

現状に満足せず、常に新しいことに挑戦する向上心の高さと積極性がある人物が、ソフトバンクの求める人物なのではないでしょうか。

スキル面

求められるスキルはもちろんポジションによるのですが、全職種に共通して言えるのは、「最低限のPCスキル」でしょう。

実際に提示されている求人をみて見ると、ほぼ全ての求人に「PCの使用経験」と明確に記載があります。

これは、ビジネスレベルでExcel、Word、PowerPointなどが使えるか?ということです。

ビジネスレベルというのは、ただ使えればいいのではなく、

適切な関数を選んで使えるか、複数のシートをまたいだデータ抽出ができるか、ピボットテーブルを用いてデータ分析ができるか、というような実務で使える高いレベルを指します。

もし自信の無い方は、本を一冊買って練習しておくだけでもかなり違ってくると思いますので、「ビジネスレベルのPCスキル」を身につけておきましょう。

ソフトバンクの障害者採用の選考内容

ソフトバンクの障害者採用選考は以下のフローで進みます。

プレエントリー

書類選考・適性検査


面接(複数回)

内定

内定までに1ヶ月半〜2ヶ月程度のスケジュールで選考が行われます。

以下で選考のポイントについて解説します。

面接のポイント

面接では、ソフトバンクの社風をしっかりと理解したうえで話すことが重要です。

求める人物像でも触れたように、ソフトバンクには、新規事業の創出や事業成長を重視するような挑戦的な風土があります。

その環境の中でも活躍できることをアピールするためには、あなたの積極性や行動力を具体的な経験に紐づけて伝える必要があります。

例えば、過去の職場で、
「与えられた目標以上の目標を自分で設定した」
「社内外の人を積極的に巻き込んで目標達成のために行動を立てた」

などのようなエピソードを具体的に話すことができれば、ただやる気があるだけの人ではなく、経験に裏付けて信ぴょう性のあるアピールができます。

加えて、社内で積極的に手を挙げられるかという視点では、あなたがソフトバンクの中で何をしていきたいのか?を明確に話せることも重要です。

特に、志望動機や入社後にやりたいことを明確に話せるかどうかはとても重要なことです。

>>>面接対策についてはこちらの記事でご紹介しております。ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンクは挑戦的で主体性が求められる社風なので、以下2点が重要!

  1. 積極性や行動力を、過去の仕事での経験をもとにアピール
  2. ソフトバンクであなたが何をやりたいのかをはっきり伝える

ソフトバンクの障害者への配慮

ソフトバンクでは、障害者でも働きやすいような配慮を心がけています。

ソフトバンクの障害者への配慮内容

  • 聴覚障がい:ノートテイク、筆談対応、電話応対無し
  • 内部障がい:通院への配慮
  • 下肢障がい:障がい者用トイレ(多目的トイレ)の設置 など

こうした配慮に加えて、様々な障害者の採用実績があります。

ソフトバンクの障害者採用実績:
上肢/下肢/聴覚/視覚/言語/体幹/心臓/腎臓/呼吸器/小腸/膀胱/直腸/精神

障害者に対する配慮が行き届いており、その上で実際に採用できている実績があることは、とても安心できるポイントですよね。

ただ一言でソフトバンクと言ってもとても大きな会社なので、地域や部署・チームによっても大きく変わります。

なので、詳しい配慮についてはネットで調べるよりも、転職エージェントに詳しい内情を聞くか、選考の中で面接官に直接聞いてみることをオススメします。

ソフトバンクの労働環境

ソフトバンクの働きやすさや待遇について、労働環境を見ながら解説していきます。

ソフトバンクの福利厚生

以下がソフトバンクが公表している社員への福利厚生制度です。

ソフトバンクの主な福利厚生一覧

  • 休暇制度(有給休暇、特別有給休暇など)
  • 社員持株会(ソフトバンクの株式を保有できる仕組み)
  • 財形貯蓄
  • 確定拠出年金制度
  • 確定給付年金選択拠出制度
  • 転勤社宅
  • 社員食堂
    (etc…)

ソフトバンクの年収

Openworkによるとソフトバンクの平均年収は、2020年11月時点で666万円です。

ソフトバンクは大企業で年齢や勤続年数もバラバラな上、健常者を含めた一般社員の統計なので、障害者採用においては当てになる数字ではないかもしれませんが、一応参考程度に知っておくとよいでしょう。

また、障害者採用の社員は、現在公表されているソフトバンクの障害者採用求人の月収から逆算すると、入社初年度の年収は300~400万年程度からのスタートになります。

ソフトバンクで働く障害者社員の評判・口コミ

ソフトバンクで実際に障害を抱えながら働いている社員の方々はどのように感じているのか気になりますよね?

社内の満足度や雰囲気を知っておくことは重要ですので、障害者社員の方々の意見を見ておきましょう。

良い評判

体調が悪い日はすぐに病院に行くようにやすませていただいたり。なるべく座り仕事、裏のパソコン作業などをやらせてもらいました。
(成人スティル病 20代 女性)

人事権がある直属の上司と一対一で話せる場を設けてくれ、自分の状況を説明することができました。また、上司に相談して業務を共有できる人を任命してもらい、フォロー体制を整えてもらいました。
(高血圧症/貧血 40代 女性)

私は入社後に病気を発症しました。しかし、幸い会社がフレックス制を導入し始めていたので、時差出勤をするようにして調整していました。
(パニック障害 30代 女性)

障害を抱えていても、社内で調整してくれる仕組みや雰囲気があることはとても働きやすい環境と言えそうですね。

悪い評判

とにかく毎日のようにミーティング続きで、20時に閉店してもそれから2時間・3時間・4時間とミーティングが怒涛の如く続くことがありました。
(双極性障害 30代 男性)

雑然とした大部屋での業務環境のため、一人当たりの占用面積が狭く、ストレスが溜まることもありました。また、一般の社員に比べ給料も低く、高いレベルの仕事は基本的には与えられませんでした。
(緑内障 50代 男性)

大企業なのであくまで配属や部署によると思いますが、一部不満に思う点もあるようですね。

ソフトバンクに障害者採用・雇用枠での入社をお考えの方へ

記事の冒頭で、ソフトバンクに入社するための方法をお伝えしましたが、

正直なところ、今すぐに選考を受けるのは、コロナの影響から難しい可能性が高いです。

この状況下では企業は積極的に社員を採用しようという動きを取りづらいので、

結果として、そもそも入社できるポジションが空いていなかったり、採用ハードルが上がってしまいます。

ソフトバンクの採用サイトや転職サイトの求人一覧を確認してみましたが、

現在募集停止中になっている求人が多く、一般公開されている求人はごくわずかです。

「それでも入社に挑戦したい!」と考える方には、重ねてになりますが、障害者の就職支援に特化した転職エージェントの利用を強くオススメします。

転職エージェントであれば、ソフトバンクが採用サイトに掲載していない、もしくは募集を停止しているような非公開求人を保有している可能性があります。

また、障害者の就職支援について知り尽くしており、ソフトバンクなどの企業情報はもちろん、転職活動上のポイントや選考対策まで、色々なことに相談に乗ってくれる心強い存在です。

以下にソフトバンクの障害者採用を狙う人向けにオススメの大手エージェントを2社紹介します。
就職活動を成功させるためにも、2社両方に登録し、並行して利用することをオススメします!(※1社のみの登録だとエージェントと合わなかったり、求人票が無かったりする場合がありますので、2社とも登録する事をおすすめしております。)

dodaチャレンジ

dodaチャレンジは、日本最大級の人材サービス「doda」のパーソルグループが運営する障害者専門の就職支援サービスです。

圧倒的な非公開求人数を保有しており、「doda」でも紹介している大手企業への紹介も多くまた、dodaチャレンジ自体が特例子会社(障がい者によって運営されている組織)なので、障害者特有の悩みに対する理解があります。

身体、精神、発達、知的など、障害の種類ごとに専門チームで支援をしており、一人一人にあったサービスが受けられるでしょう。

dodaチャレンジは、全ての障害者にオススメの転職サービスと言えます。

>>>>障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】

atGP

atGPは、「業界No.1」の障害者就業支援サービスです。

障害者転職のサポート実績No.1のエージェントです。つまり、日本で一番多くの障害者の就職支援をしています。

また、求人数も2000以上と、こちらも業界No.1です。大量で幅広い求人の中から、あなたの希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

atGPでは、求職者の「やりたいこと」を重視することをサポートの方針としています。

なので、「大量の求人を送りつけられるかも・・」というエージェントへの心配は無用だと思います。

実績・求人数共にNo.1のatGPは、「どこに登録するか迷ったらとりあえず登録しておけ!」といえるようなサービスだと思います。

>>>プロと一緒にする転職活動!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

マイナビIT

ソフトバンクの中でも、技術職(エンジニア)を志望しているからは、IT志望者のサポートに特化しているマイナビITの利用をオススメします。

マイナビITは、ITエンジニアの求人数を日本一保有しています。

マイナビITを利用しないと受けられない案件も数多くあるので、幅広い選択肢の中から理想の仕事を見つけるためにも、是非登録しておきましょう。

またマイナビITは、一人一人の就職者へのサポート力に定評があります。

IT業界の転職に必要な基礎知識や、面接などの選考対策まで、つまずきがちなポイントを中心に細かく教えてもらうことができます。

>>>プロと一緒にする転職活動!IT業界・エンジニアの転職ならマイナビIT!

ソフトバンク以外の有名企業への障害者採用入社も考えている方へ

もちろんソフトバンク以外の有名企業でも、同様に障害者の雇用を行なっています。

ソフトバンク以外の有名企業の障害者採用についても記事にまとめておりますので、詳しくはそちらをチェックしてみてください!