障害年金で最も重要な初診日について解説

先天性胆道閉鎖症。15歳で肝臓移植・17歳で腸閉塞を発症。身体障害者手帳1級。個人ブログはこちら


この記事では『障害年金の初診日についてのわかりづらいポイント』について紹介する。

「検索しても思い通りの情報にアクセスできない!」こんな煩わしさを思い知ったことはないだろうか?

今回は、身体障害者手帳1級を持つ僕自身が障害年金の初診日について理解しづらいポイントをわかりやすく紹介する。

この後のトピックを読むと、『障害年金の初診日』についての疑問や課題が解決しているはずだ。

この記事を読んでわかること

そもそも障害年金とは?

障害年金とは病気や怪我で生活や仕事が著しく制限される場合に受け取ることができる公的な年金のことだ。(参考:1

障害基礎年金と障害厚生年金を総称して障害年金と呼んでいる。

一般的に年金というと65歳以上の方が受給できる「老齢年金」を想像するだろう。しかしながら、20歳以上であれば受給できる年金が障害年金なのだ。

もったいないことに障害年金の受給資格があるにも関わらず、約4割もの方が障害年金を受け取っていないという事実もある。

障害年金の存在すら知らない人が多いのだ。

また、障害年金は障害者手帳の交付とは関係がないので注意が必要だ。

 

障害基礎年金

障害基礎年金とは、病気や怪我によって、障害の状態になってしまった時に支給される国民年金の1つだ

障害基礎年金が支給されるためには、病気や怪我の初診日に国民年金を払っている必要がある。

もし障害基礎年金についてもっと知りたい方はぜひ下記の参考ページを確認して欲しい。

 

障害厚生年金

障害厚生年金とは、病気や怪我によって障害の状態になってしまった時に支給される厚生年金の1つだ

障害厚生年金が支給されるためには、病気や怪我の初診日に厚生年金を払っている必要がある。

もし障害厚生年金についてもっと知りたい方はぜひ下記の参考ページを確認して欲しい。

障害年金で重要な初診日とは?

障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日」のことを初診日という。

そして障害年金を受給するためには、必ず初診日を証明しなければならないのだ。

ちなみに、初診日を変更することは現状厳しいので理解しておこう。

 

初診日の証明が重要な理由

初診日を証明しなければならない理由が大きく2つある。

理由の1つ目は年金の納付状況を確認するため、そして2つ目は障害認定日を決めるためだ。

それぞれについて詳しく確認していこう。

 

年金の納付状況を確認するため

初診日までに国民年金・厚生年金を払っていなければ、障害年金(障害基礎年金・障害厚生年金)を受け取ることができない。

そのため、初診日を証明して年金を払っていることを証明しなければならないのだ。

 

障害認定日を決めるため

障害認定日とは「初診日から1年6か月経った日」のことを指す。

障害認定日から障害年金を受け取ることができるため、障害認定日を決めることは重要なのだ。

障害年金の受給に必要な初診日を証明する方法は?

さて、障害年金を受給するためには初診日を証明することが必要なことは理解頂けただろうか。

この章では、実際に初診日を証明するために必要なことを執筆したい

実際に初診日を特定することはそこまで難しい作業ではない。
なので、気を楽にして読み進んで貰いたい。

 

医療機関で初診日を証明して貰う

初診日の証明は必ず医療機関を通しておこなわれる

一番最初に受診した医療機関で「受診状況等証明書」を提出し、初診日の証明をお願いしよう。

「受診状況等証明書」の記述をお願いするにあたって、一般的には5000円程度のお金が掛かるので、注意しよう。

初診日が証明できない場合の対処法

障害年金を受給するためには、初診日の証明が必要不可欠だ。

しかしながら、初診日が証明できない場合がある

法定保存期間の関係でカルテが破棄されたりすると初診日の証明が非常に困難だ。

そこで、初診日の証明が難しい場合の対処法を紹介する。

 

「受診状況等証明書が添付できない申立書」を提出

初診日の証明が難しい場合には、「受診状況等証明書が添付できない申立書」を所定の機関に提出する必要がある。

この申立書では、障害年金の受給資格があることを証明しなければならないため、以下の裏付け資料が必要だ。(※裏付け資料の一部を紹介)

 

1.身体障害者手帳(療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)

2.身体障害者手帳申請時の診断書

3.生命保険・損害保険・労災保険の給付申請時の診断書

4.母子健康手帳

5.お薬手帳・糖尿病手帳・領収書・診察券

6.第三者証明

 

もし初診日の証明に困ったら…

これまでに色々と初診日を証明するための手段を紹介してきた。

それでも初診日を証明するのが難しそうな場合には、障害年金専門の弁護士や社会保険労務士に相談するのが良いだろう。

初回相談を無料でおこなっている所もあるので、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

まとめ

いかがだっただろうか。
今回は障害年金の初診日について重要な情報を執筆させて頂いた。

きるだけわかりやすく執筆したつもりだ。

もし今回の記事があなたの課題を解決できるものであったならとても嬉しい。

 

・参考リスト

参考1: 障害年金サポートサービス『障害年金とは?』

PR

障がい者に特化したエンジニア育成サービス

リリース準備中

 

事前応募フォームはこちら

・関連記事一覧

▪︎インタビュー
「あなたにとって最高の働き方を一緒に探したい」
小児がんとの闘いで学んだ『諦めないこと』
▪︎障害者雇用
障害者転職のおすすめ転職エージェントを紹介
障害者雇用とは。メリットやデメリットを紹介
障害者雇用、法定雇用率とは
障害者雇用の課題・問題点
障害者雇用、正社員での就職・転職
障害者雇用、おすすめ求人サイト
障害者雇用、ハローワークは利用すべき?
障害者が仕事を探す最も良い方法
障害者の就労支援には6つの選択肢がある
障害者が年収500万円を稼ぐためにのポイント
障害者として事務職で働いた感想を伝えたい
足が不自由でもできる仕事とは?
転職活動で障害者手帳を使うメリデメ
週20時間未満の障害者雇用が推奨される時代
40代の障害者が転職する際に知るべき知識
障害者が在宅ワークをする際のメリデメ
障害者派遣でおすすめの派遣会社を紹介
dodaチャレンジは利用すべき?評判と口コミ
ラルゴ高田馬場は利用すべき?評判と口コミ
▪︎障害者手帳
身体障害者手帳1級、メリット
身体障害者手帳2級、メリット
身体障害者手帳3級、メリット
身体障害者手帳4級、メリット
身体障害者手帳5級、メリット
身体障害者手帳6級、メリット
身体障害者手帳、JR新幹線の割引メリット
身体障害者手帳、USJの割引メリット
身体障害者手帳、ディズニーランドメリット
身体障害者手帳、映画の割引メリット
身体障害者手帳、ETCの割引メリット
身体障害者手帳、バスの割引メリット
身体障害者手帳、タクシーの割引メリット
身体障害者手帳、スマホの割引メリット
身体障害者手帳、NHKの割引メリット
身体障害者手帳、スカイツリー割引メリット
身体障害者手帳、公営住宅優先入居メリット
身体障害者手帳、障害者控除のメリット
身体障害者手帳、障害者雇用のメリット
▪︎障害年金
障害年金とは
障害基礎年金とは
障害厚生年金とは
障害年金の申請方法
障害年金の更新方法
障害年金のメリット
障害年金のデメリット
障害年金受給者は確定申告が必要?
障害年金と生活保護の同時受給は可能?
▪︎就労移行支援
就労移行支援とは
就労移行支援、対象者
就労移行支援、利用期間
就労移行支援、工賃
リタリコワークスとは
京都でおすすめな就労移行支援所
大阪でおすすめな就労移行支援所
▪︎就労継続支援
就労継続支援A型とは
就労継続支援A型、対象者

就労継続支援A型、利用料
就労継続支援A型、仕事内容
就労継続支援A型、賃金・給料
就労継続支援A型、デメリット

就労継続支援B型とは
就労継続支援B型、対象者
就労継続支援B型、仕事内容
就労継続支援B型、工賃