就労支援

就労継続支援A型の仕事内容を徹底リサーチ!【2020年最新】

この記事では『就労継続支援A型の仕事内容』について紹介する。

就労継続支援A型について説明しているサイトはいくつかあるが、就労継続支援A型の仕事内容に特化して執筆している記事は無かった

この後のトピックを読むと『就労継続支援A型の仕事内容』についての疑問や課題が解決しているはずだ。

それでは確認していこう。

就労継続支援A型とは?

就労継続支援A型とは、障害や病気が原因で、一般企業で働くことが難しい人が働く場所(事業所)のことだ

就労継続支援B型という似たようなサービスがある。就労継続支援B型もA型と同様に、障害や難病を持った人が働く場所だ。

この2点にある大きな違いは、雇用契約を結ぶかどうかだろう

就労継続支援B型は雇用契約を結ばない。それが原因で、貰える工賃が少なくなってしまうといった課題がある。

一方で、就労継続支援A型は、雇用契約を結ぶため最低賃金が保証されているのだ

もし就労継続支援A型の利用を検討する際には、B型と比較するべきだろう。

そこで、以前執筆した就労継続支援B型の記事(『就労継続支援B型とは』)をぜひ参考にして欲しい。

就労継続支援A型の仕事内容を紹介

実は、就労継続支援A型の仕事内容は一般就労の仕事内容とほとんど変わらない

もちろん職種によって仕事の種類は変わる。しかしながら仕事内容が変わるわけでは無い。

違う点があるとすれば、主に以下の3点だろう。

 

1.障害者や難病の方が就労している

2.平均給料が低い

3.平均の就労時間が短い

 

一般企業で就労した場合の月額平均給与が20万円〜30万円ほどだとすると、就労継続支援A型の月額平均給与は6万円〜7万円ほどになる。

さらに、就労時間が短い事業所がほとんどだ。
一般企業の1日の平均就労時間が約8時間だとすると、就労継続支援A型の平均就労時間は約4時間〜約8時間ほどだろう。

さて、それでは具体的な仕事内容を確認しよう。

 

就労継続支援A型の具体的な仕事内容

【就労支援センターハーテス】(参考:1

就労支援センターハーテスでは、『ちいさな自信を積み重ね、大きな自信につなげる』というコンセプトの下で就労継続支援A型の運営をおこなっている。

下記で具体的な仕事内容について確認していこう。

 

1,軽作業

主に作業所内にて提携先に業者から請け負っているバスセット・日用雑貨の検品や袋詰めなどの作業を行っています。

業務によっては現地まで赴き、スタッフと一緒に作業をする場合があります。

参照:就労支援センター ハーテス HP

 

2,清掃作業

スタッフが同行して工場や介護施設の清掃業務を行っております。

複数人での作業になりますので、協力しながら働く事の大切さを学ぶことができます。

参照:就労支援センター ハーテス HP

 

3,施設外就労

利用者と職員がユニットを組み、各企業様から請負った業務を当該企業様内で行う活動にも力を注いでいます。

参照:就労支援センター ハーテス HP

まとめ

いかがだっただろうか。
今回は就労継続支援A型の仕事内容について記事を執筆させて頂いた。

就労継続支援A型で就労する場合には、どんな仕事をしたいのか。をまず考えるべきだろう。

さらに就労継続支援A型事業所が家から通える距離にあるかどうかも重要だ。

そういった観点で就労継続支援A型事業所を選ぶと良いだろう。

 

・参考リスト

参考1: 就労支援センター ハーテス HP

ABOUT ME
渡邉まさる
先天性内部機能障害 / 身体障害者手帳1級所持 / うつ病の闘病経験 / 青山学院大学在学中にRepeL, Inc.を創業 / 個人ブログはこちら