就労支援

就労継続支援A型を利用できる対象者は?

この記事では『就労継続支援A型を利用できる対象者』について紹介する。

就労継続支援A型について説明しているサイトはいくつかあるが、就労継続支援A型を利用できる対象者に特化して執筆している記事は無かった

この後のトピックを読むと『就労継続支援A型を利用できる対象者』についての疑問や課題が解決しているはずだ。

それでは確認していこう。

就労継続支援A型とは?

就労継続支援A型とは、障害や病気が原因で、一般企業で働くことが難しい人が働く場所(事業所)のことだ

就労継続支援B型という似たようなサービスがある。就労継続支援B型もA型と同様に、障害や難病を持った人が働く場所だ。

この2点にある大きな違いは、雇用契約を結ぶかどうかだろう

就労継続支援B型は雇用契約を結ばない。それが原因で、貰える工賃が少なくなってしまうといった課題がある。

一方で、就労継続支援A型は、雇用契約を結ぶため最低賃金が保証されているのだ

もし就労継続支援A型の利用を検討する際には、B型と比較するべきだろう。

そこで、以前執筆した就労継続支援B型の記事(『就労継続支援B型とは』)をぜひ参考にして欲しい。

就労継続支援A型を利用できる対象者

就労継続支援A型事業所を利用できるのは、18歳以上65歳未満の身体障害・精神障害・知的障害・発達障害を患っている者だ

加えて以下2つの条件のいずれかに該当している必要がある。

 

1.就労経験があり、現在無職の方

2.就労移行支援サービスを利用したが、就職には結びつかなかった方

 

基本的には以上の条件だが、都道府県や地方自治体によっては融通が効く場合があるので、ぜひ相談してみると良いだろう。

 

障害者手帳が無くても利用できる?

就労移行支援A型は障害者手帳が無くても利用できる場合がある

ただし医師の診断書は必須なので、担当医や市区町村の障害福祉窓口に相談すると良いだろう。

すくなくとも、手帳を持っていないからと言って諦める必要はない。

まとめ

いかがだっただろうか。
今回は、就労継続支援A型を利用できる対象者について執筆した。

就労継続支援A型の利用に関しては、各市区町村の障害福祉課、あるいは担当医にまずは相談するのが良いだろう。

その後色々な条件を踏まえて利用の検討をするのがおすすめだ。

ABOUT ME
渡邉まさる
先天性内部機能障害 / 身体障害者手帳1級所持 / うつ病の闘病経験 / 青山学院大学在学中にRepeL, Inc.を創業 / 個人ブログはこちら