履歴書の書き方

【これで完璧】障害者向け履歴書の資格の書き方!ケース別で徹底解説

「履歴書の資格には何級から書いていいの?」
「資格・免許のあとに書く、合格と取得の使い分けは?」
「資格・免許の正式名称は?」

就職・転職先に有利になる資格・免許を持っていたら、遠慮なく書いて採用企業側にアピールすることをおすすめします!

この記事では、障害者手帳1級の私が5社就業した経験、今まで100人以上を就職・転職指導した経験をもとに、

「採用率をアップさせる、障害者向け履歴書の資格の書き方」

のすべてを徹底解説します。

この記事を読んでいただき、好印象を与える履歴書を作成していきましょう!

 

障害者向け履歴書の「資格・免許の書き方」7つの基本ルール

基本ルールは全部で7つありますので、まずはルールを把握しましょう。

 

【1】 年は西暦か和暦を統一する

履歴書全体を通して資格取得した年は、西暦と和暦を統一しましょう。
おすすめは西暦です。

 

【2】 運転免許は必ず書く

運転免許を持っていたら、必ず書きましょう。

通勤地の関係から、また仕事内容により、運転免許が必須の企業もあります。
そのため応募にあたり、採用条件を確認することをおすすめします。

 

【3】 仕事に関連する資格のみを書く

趣味要素の強い資格は書かずに、仕事に関連する資格のみを書きましょう。
ただし、仕事に関連すれば、趣味要素の強い資格を書いてもOKです。

たとえば、ご当地検定が該当します。
ご当地検定に該当する地域で、ガイド・広報活動する仕事をするなら、アピールすれば有利になること間違いありません!

 

【4】 正式名称で書く

資格・免許の名称は、略称や通称では書かずに、正式名称で書きましょう。

正式名称がわからない場合、「資格・免許名 正式名称」で検索する。
または、運営している公式サイトで確認、問い合わせがおすすめです。

以下は、代表的な資格や免許の正式名称をリストアップしました。
あわせて、合格・取得の使い分けも書きましたので、よかったら参考にしてくださいね。

略称・通称 正式名称
運転免許 普通自動車第一種免許 取得
簿記検定 日商簿記検定試験●級 合格
FP検定 ●級ファイナンシャル・プランニング技能士 合格
英検 実用英語技能検定●級 合格
TOEIC TOEIC公開テスト(スコア)点 取得
漢検 日本漢字能力検定●級 合格
秘書検定 秘書技能検定●級 合格
MOS Microsoft Office Specialist(科目名) 取得
情報処理検定 基本情報技術者試験 合格
応用情報技術者試験 合格
ITパスポート試験 合格

 

【5】 取得順から書く

免許・資格欄の上から下に向かって、資格取得日の古い順から新しい順に書きます。

 

【6】 3級以上の資格を書く

級数がある資格は、できれば2級以上があると、障害者にとって転職が有利になります。
2級がない場合には、3級以上を書きましょう。

また、同じ資格で3級と2級の2つを取得していたら、上位2級のみを書きます。

 

【7】 最後に「以上」は不要

学歴・職歴欄は、最後に「以上」を書きますが、免許・資格欄は、最後に「以上」は不要です。

 

こんな場合どうする?【ケース別】資格の書き方

障害者が履歴書の免許・資格欄を書くうえで、

「こんなケースは、どう書けばいいの?」

という、よくあるケースを5つ解説します。

 

【1】 資格名のあとに書く「合格」と「取得」の使い分けは?

よく迷うケースとして、

「資格名を書いたあと、合格と取得のどちらを使えばいいのか?」

ここは多くの方が履歴書を書くうえで、迷うケースですね。
おもに以下の考えで使い分ければOKです!

 

免許の資格は「取得」で書く

一例として以下の資格があります。

  • 運転免許
  • 医師・看護師・薬剤師
  • 理容師・美容師
  • 調理師
  • ボイラー技士

免許がないと業務に携われない、法律に反する場合が該当します。

 

スコア性の資格は「取得」で書く

一例としてはTOEICです。
TOEICの場合、以下のように資格名のあとに、点数をあわせて書きます。

免許・資格
20XX XX TOEIC公開テスト600点 取得

 

検定試験の資格は「合格」で書く

先に解説した、免許とスコア性以外の資格が該当します。
代表的な資格は以下があります。

  • ●●検定と呼ばれる資格(簿記・英語・漢字など)
  • ●級など級数のある資格

 

【2】 資格や免許を1つも持っていない場合

空欄のままではイメージがよくありませんので、「特になし」と一言書いておきましょう。

免許・資格
特になし

 

【3】 資格名が取得時と変わっている場合

取得時の資格名とあわせて、現在の資格名をカッコ書きで記入すればOKです。

免許・資格
20XX XX ●●試験(現 ▲▲試験) 合格

 

【4】 資格取得に向けて勉強中の場合

以下のどちらかで書きましょう。

免許・資格
(試験名)の資格取得に向けて勉強中
20XX年XX月 (試験名)を受験予定

 

取得予定の資格は、最後の欄に書きましょう。
書くことにより、前向きなイメージを与えることができますよ!

 

【5】 障害者枠で有利な資格はあるの?

募集内容にもよりますが、障害者枠は一般事務などデスクワークが中心です。
そのため以下の事務系の資格があるといいですね。

  • 簿記
  • 英語
  • PC関連の資格(ExcelやMOSなど)

IT企業で技術者として働くなら、以下の資格があるといいですね。

  • LPIC
  • MCP
  • (基本・応用)情報技術者試験
  • プログラミング関連資格

 

資格を書いたあとの5つのチェックポイント

資格を書き出したら、以下の5つをチェックしましょう。

免許・資格欄5つのチェックポイント
  1. 西暦と和暦を統一していますか?
  2. 資格や免許の名称は正式名称ですか?
  3. 仕事に関連する資格や免許のみを書いていますか?
  4. 運転免許を持っていたら書いていますか?
  5. 合格と取得を正しく使い分けていますか?

問題がないことを確認したら、免許・資格欄は終了です。
お疲れさまでした!

資格をアピールして転職や就職を有利にする、学歴と職歴の書き方は、下記の記事を参考にしてください。

>> 【これで完璧】障害者向け履歴書の学歴の書き方!ケース別で徹底解説

>> 【これで完璧】障害者向け履歴書の職歴の書き方!ケース別で徹底解説

免許・資格欄の書き方は、このように細かいルールがあります。
この記事を参考にして、採用率がアップする免許・資格欄に仕上げましょう。

ABOUT ME
渡邉まさる
先天性内部機能障害 / 身体障害者手帳1級所持 / うつ病の闘病経験 / 青山学院大学在学中にRepeL, Inc.を創業 / 個人ブログはこちら

障害者エンジニアの就労をサポート!

こんな悩みはありませんか?

 

私たちが職場へ”直接”働きかける事で解決します!