履歴書の書き方

【これで完璧】障害者向け履歴書の学歴の書き方!ケース別で徹底解説

「履歴書の学歴で、学校名はどう書けばいいの?」
「入学・卒業時と学校名が変わった場合は?」
「特別支援学校は、最終学歴に入れて問題ないの?」

とくに障害や病気で休学・中退した場合、どこまで書けばいいのか迷いますよね。

この記事では、障害者手帳1級の私が5社就業した経験、今まで100人以上を就職・転職指導した経験をもとに、

「採用率をアップさせる、障害者向け履歴書の学歴の書き方」

のすべてを徹底解説します。

この記事を読んでいただき、好印象を与える履歴書を作成していきましょう!

 

障害者向け履歴書の「学歴の書き方」5つの基本ルール

基本的には、健常者の方と同じ書き方で対応を進めます。
基本ルールは全部で5つありますので、まずはルールを把握しましょう。

 

【1】 正式名称で書く

「●●高校」と書かずに、「●●県立●●高等学校」と正式名称で書きます。
また、同じ学校名が続いても、「〃」や「同上」と省略せずに正式名称で書きましょう。

 

【2】 最終学歴は最も高い学歴を書く

小学校からすべて書く必要はなく、最も高い学歴と1つ前の学歴を書けばOKです。
最終学歴が大学なら、大学と1つ前の高校を学歴に書きます。

 

【3】 入学時や卒業時の学校名で書く

市町村合併などで、学校名が変わっている場合、入学・卒業時の学校名で書きましょう。
あわせて、現在の学校名をカッコ書きで書きます。

 

【4】 年は西暦か和暦を統一する

履歴書全体を通して職歴の年は、西暦と和暦を統一しましょう。
おすすめは西暦です。

学歴に書く年は、学校で使われる年度ではなく、実際の年で書きます。
2020年度3月卒業なら、実際の卒業した年は、2021年3月卒業となります。

 

【5】 学歴の書き方の順番

学歴・職歴欄で学歴を書く場合、上から順番に左から右へ以下の内容で書きます。
また、1行目のみ「学歴」と書き、その下に入学や卒業の状況を書きましょう。

  1. 年月(年は西暦と和暦のどちらかに統一する)
  2. どこが設立したか(●●県立、私立など)
  3. 学校の正式名称
  4. 定時制や通信制の区別(全日制は不要)
  5. 学部や学科
  6. 入学や卒業の状況

 

学歴・職歴
学歴
20XX 4 ●●県立●●高等学校 ●●科 入学
20XX 3 ●●県立●●高等学校 ●●科 卒業
20XX 4 ●●大学 ●●学部 入学
20XX 3 ●●大学 ●●学部 卒業

学歴が書き終わったら、続けて職歴を書きます。
職歴の詳しい書き方は、下記の記事を参考にしてください。

>> 【これで完璧】障害者向け履歴書の職歴の書き方!ケース別で徹底解説

 

【ケース別】学歴の書き方を詳しく解説

ここではケース別に、学歴の書き方を順番に解説します。

 

学歴に記入できる学校は?

文部科学省が認定している学校のみ、学歴に記入できます。
以下の5つは、学歴に記入できないので注意しましょう。

  1. 民間スクール(英会話スクールなど)
  2. 予備校
  3. 通信講座(ユーキャンなど)
  4. 職業訓練校(職歴に書く)

 

最終学歴と1つ前の学歴を出す

小学校からすべて書く必要はなく、下記2つの学歴を書けばOKです。

  1. 最も高い学歴(最終学歴)
  2. 最終学歴より1つ低い学歴

学歴の高い順番から並べると、以下の順番です。
数字が小さいほど高い学歴になります。

  1. 大学院
  2. 大学
  3. 高等専門学校・専門学校・短期大学
  4. 高等学校
  5. (特別支援学校 高等部)
  6. 中学校
  7. (特別支援学校 中学部)
  8. 小学校

あわせて、入学・卒業の年月、ほかに中退・休学があれば、その年月も調べます。

特別支援学校は、正式な中学校や高等学校ではありません。
ただし、最終学歴や最終学歴より1つ低い学歴になれば、書いても問題ありません。

 

学校設立の表記方法

学校名の前に、「●●県立」や「私立」などの設立表記の書き方は、以下のルールで対応しましょう。

 

国立の場合

学校の正式名称で書きます。

 

大学(大学院・短期大学含む)の場合

学校の正式名称で書きます。
「国立」や「私立」などの、設立表記は不要です。

  • ●●大学
  • ●●大学大学院
  • ●●短期大学

ただし、「東京都立大学」のように、学校名に設立表記がある場合、省略するのはNG!
省略すると、赤門でおなじみの「東京大学」になり、別の大学になってしまいます。

 

専門学校

学校の正式名称で書きます。

 

高等学校・小中学校

どこが設立したかにより書き方が変わります。

設立表記 書き方
国立 学校の正式名称で書く
私立 「私立●●高等学校」と書く
都道府県立 東京都の場合
「東京都立●●高等学校」と書く
市区町村立 新宿区の場合
「東京都新宿区●●高等学校」と都道府県から書く

 

特別支援学校(盲学校・聾学校・養護学校)

設立の表記方法は、高等学校と同じです。

特別支援学校は、正式な高等学校や中学校ではありません。
そのため学校名に「高等学校」や「中学校」は入れられないので注意しましょう。

 

学部や学科・定時制や通信制の表記

学校名を書いたあと、1文字分あけて、学部や学科を書きます。

学部や学科が1つしかない学校でも、省略せずに書きましょう。

学歴・職歴
●●大学 ●●部●●科
●●専門学校 ●●コース
●●県立●●高等学校 ●●科
●●県立●●盲学校 ●●部(高等部や中学部など)

全日制以外は、「定時制」や「通信制」の表記もあわせて書きます。
以下のように書けばOKです。

学歴・職歴
●●県立●●高等学校 定時制●●科
●●県立●●高等学校 通信制●●科

ただし、「放送大学」のように通信制しかない学校は、「通信制」は入れずに学科やコースから書いて問題ありません。

 

入学と卒業の状況を書く

最も高い学歴(最終学歴)と、最終学歴より1つ低い学歴の入学・卒業の状況を書きます。

日付の年は、履歴書を通して西暦か和暦に統一しましょう。
とくに決まりがなければ、西暦で書くのがおすすめです。

 

最終学歴の1つ低い学歴が高等学校以上の場合

入学と卒業の2つを書きます。

学歴・職歴
学歴
20XX 4 ●●県立●●高等学校 ●●科 入学
20XX 3 ●●県立●●高等学校 ●●科 卒業
20XX 4 ●●大学 ●●学部 入学
20XX 3 ●●大学 ●●学部 卒業

 

最終学歴の1つ低い学歴が義務教育(中学校・小学校)の場合

義務教育は、卒業のみ書けばOKです。
最も高い学歴が高等学校の場合、このように書きます。

学歴・職歴
学歴
20XX 3 ●●県立●●中学校 卒業
20XX 4 ●●県立●●高等学校 ●●科 入学
20XX 3 ●●県立●●高等学校 ●●科 卒業

 

学校名に変更があった場合

学歴に書く学校は、入学時と卒業時の学校名で書きます。
学校名が卒業後、在学中に変更が変わった場合、以下のように対応しましょう。

 

市町村合併や学校統合により学校名に変更があった場合

最初に旧学校名を書き、後ろにカッコ書きで現在の学校名を書きます。

学歴・職歴
20XX 4 ●●県●●町立●●高等学校 ●●科 入学(現 ●●市立▲▲高等学校)
20XX 3 ●●県●●町立●●高等学校 ●●科 卒業(現 ●●市立▲▲高等学校)

 

在学中に学校名の変更があった場合

設立表記のみが変わった場合にも、同じように対応します。

学歴・職歴
20XX 4 ●●県●●町立●●高等学校 ●●科 入学(現 ●●市立▲▲高等学校)
20XX 3 ●●県●●市立▲▲高等学校 ●●科 卒業

 

廃校になった場合

廃校の記載は必要ありません。
入学時と卒業時の年月と学校名を書きましょう。

廃校になる前に、学校名の変更があった場合、上記に書いた対応を行います。

 

中退や休学がある場合

障害や病気、家庭や自身の都合により、中退や休学がある場合、理由とあわせて書きます。

 

中退の場合

「中退」は略称なので、「中途退学」と書いて、下に理由とあわせて書きます。

学歴・職歴
20XX 4 ●●大学 ●●学部●●学科 入学
20XX XX ●●大学 ●●学部●●学科 中途退学
家庭の収入事情により退学

理由の書き方の一例としては、以下があります。

  • 健康上の理由により退学(現在は完治し、業務に支障はありません)
  • 留学し語学習得するため退学
  • 親の介護が必要になったため退学
  • 他にやりたいことが見つかり就職のため退学
  • 一身上の都合により退学(どうしても理由が書けない場合)

なるべくポジティブな理由を書くようにしましょう。
病気が完治、寛解している場合には、その旨をカッコ書きで書きます。

 

休学の場合

中退と同様に、なるべく前向きに書きましょう。
病気が理由の場合、病状を書く必要はありません。

学歴・職歴
20XX 4 ●●大学 ●●学部●●学科 入学
3年次に体調不良のため1年間休学(現在は完治)
20XX 3 ●●大学 ●●学部●●学科 卒業

病気が完治、寛解している場合には、その旨をカッコ書きで書きます。

 

中退や休学は省略してもいいの?

中退の学歴を省略すると、期間にブランクができてしまうため、おすすめしません。
留年や休学で卒業が遅れた場合でも同様です。

そのため理由を含めて、正直に書くことをおすすめします。

 

学歴を書いたあとの7つのチェックポイント

学歴を書き出したら、以下の7つをチェックしましょう。

学歴欄7つのチェックポイント
  1. 西暦と和暦は統一されていますか?
  2. 学歴の年月にズレはないですか?
  3. 学校名は正式名称ですか?
  4. 学部や学科名に間違いはありませんか?
  5. 卒業してから設立表記・学校名に変更はありませんか?
  6. 変更があった場合、旧学校名と現在の学校名を書いていますか?
  7. 中退や休学した場合、理由を書いていますか?

問題がないことを確認したら、学歴・職歴欄の学歴は終了です。
お疲れさまでした!

引き続き職歴を書く場合には、下記の記事を参考にしてください。

>> 【これで完璧】障害者向け履歴書の職歴の書き方!ケース別で徹底解説

あわせて、転職や就職を有利にする、資格の書き方もマスターしましょう!

>> 【これで完璧】障害者向け履歴書の資格の書き方!ケース別で徹底解説

学歴の書き方は、このように細かいルールがあります。
この記事を参考にして、採用率がアップする学歴・職歴に仕上げましょう。

ABOUT ME
渡邉まさる
先天性内部機能障害 / 身体障害者手帳1級所持 / うつ病の闘病経験 / 青山学院大学在学中にRepeL, Inc.を創業 / 個人ブログはこちら

障害者エンジニアの就労をサポート!

こんな悩みはありませんか?

 

私たちが職場へ”直接”働きかける事で解決します!