面接対策

障害者枠の面接対策!準備から当日の面接本番まで徹底解説!

「障害者枠の面接対策はどうすればいいの」
「面接ではどんな質問をされるの」
「障害のことを聞かれたらどう回答すればいいの」

もしかしたら、このような不安や心配をお持ちかもしれませんね。
でも大丈夫!

この記事では、障害者手帳1級の私が5社就業した経験、今まで100人以上を就職・転職指導した経験をもとに、

「障害者枠向けの面接対策の準備から、面接当日までのすべて」

を解説します。

 

知っておきたい!障害者枠向け面接の目的と心構え

具体的な障害者枠向けの面接対策の前に、面接する目的や知っておきたい心構えを説明します。

 

障害者枠向け面接の目的は?

ズバリ、採用側と応募側双方のマッチングのためです。

採用側は、以下3点が会社とマッチしているかを確認します。

  1. 障害があっても仕事ができるか
  2. どんな適性や強みを持っているか
  3. 障害に対してどんな配慮をすればいいのか

一方で、応募側は採用側に以下3点をアピールしましょう。

  1. 障害があっても仕事ができることをアピールする
  2. 障害を受け入れながら乗り越える努力をしている
  3. 障害で理解・配慮してほしい点を伝える

双方のマッチングがズレてしまうと、入社後に仕事や人間関係、障害の配慮においてトラブルのもとに。
結果として、早期退職することにもなりかねません。

このトラブルを避けるために、障害者枠でも面接を行うんですね。

応募側が最もするべきことは、採用側が知りたい障害のことをしっかり伝える。
そして安心して採用してもらえるように、しっかりと面接対策や準備を行うことが重要です。

採用側の立場に立って、あなたのどんなことを知りたいのかを考えると、イメージしやすくなりますよ。

 

障害者枠向け面接は個人と集団のどちらが多い?

障害についてじっくり確認したいため、個人面接が多いでしょう。
採用側の面接官の人数は、会社により変わります。

人数や面接の状況に関係なく、しっかりと面接対策の準備を行いましょう。

 

障害者向け面接の回数は?

ほとんどの場合、面接回数は1回が多いでしょう。

大手企業や外資系企業の場合、面接を複数回(2次、3次)行うことがあります。
何回面接を行うかは、求人票を事前にチェックしましょう。

 

面接は直接会って行うの?

会社に訪問して、直接対面で面接を行う場合が多いでしょう。

ただし、コロナ渦の影響で、オンラインで面接を行うことも考えられます。
オンラインで面接を指示された場合には、以下6点の設定や準備が必要です。

  1. PCやスマホ
  2. 通話アプリ
  3. 安定した通信回線
  4. 静かな場所
  5. ウェブカメラ
  6. ヘッドセット

通話アプリは、会社から指定されます。
面接中に回線が途切れないように、電波環境のいい場所を探しましょう。

準備は面接当日に行うと、思うように行かないことも。
事前に以下の5点を確認しましょう。

  1. ブラウザーやアプリの動作確認
  2. ウェブカメラで自分の顔が正しく映るか
  3. 音やマイクの確認
  4. 照明の明るさの確認
  5. カメラに映る範囲の荷物を整理する
できれば家族の方と、何度も通話テストをするのがおすすめ。
1人で設定が難しい場合、家族の協力を得て準備を進めましょう。

 

【全3テップ】障害者枠向け面接対策の準備について

面接対策は、一般枠の採用と同じ準備や心構えで行います。
あわせて障害についての面接対策が必須です。

では、どんな準備が必要になるのか?
全部で3つのステップを紹介します。

 

ステップ【1】 障害者向け面接対策で準備すること

おもに以下の7点の準備や対策を行います。

  1. 身だしなみ(スーツや髪型など)
  2. 社会人としてのマナーや言葉遣い
  3. 自己分析をする
  4. 障害者枠向け面接の質問回答集を作成
  5. 面接会場までの交通機関の確認
  6. 面接当日に用意するもの
  7. 面接当日の一連の流れを把握する
障害により自分自身で準備が難しい場合、早めに家族や関係機関にサポートしてもらいましょう。

 

ステップ【2】 自己分析をする

面接で適切な回答をするためには、自分自身を知る必要があります。
つまり自己分析が重要です。

自己分析で行うことは、おもに以下の4つです。

  1. 性格
  2. 長所や短所
  3. 得意なことや苦手なこと
  4. 障害について

自己分析をしっかり行えば、面接で自分のアピールポイントや障害のことをしっかり伝えられますよ。
自己分析の具体的な方法は、以下の記事を参考にしてください。

>> 障害者向け自己分析の全解説!会社探しから面接まで超重要な理由も紹介

 

ステップ【3】 面接でよく聞かれる質問と回答を用意する

自己分析した内容をもとに、面接の質問回答集を用意します。
障害者枠の面接でよく聞かれる、質問と回答集は以下の記事を参考にしてください。

>> 【全12個】面接の回答例つき!障害者枠向け定番質問を厳選紹介!

 

障害者枠の面接で適切な回答を用意するポイントは、以下の3点です。

  1. エピソードや事例を入れる
  2. 自分の障害を誰でもわかる表現にする
  3. 面接官が知りたいと思うことを先回りして考える
とくに障害者の雇用は、健常者と比べて慎重になりがち。
だからこそ面接官が知りたいこと、安心してもらえる回答が重要になります。

 

【全3個】障害者枠向け面接の当日までに準備するもの

面接を成功させるコツは、やはり事前準備に他なりません。

面接前日や当日になると、緊張してしまうもの。
緊張により、忘れ物やミスをしないことが重要です。

他にも障害に応じて準備すべきものが変わります。

そこで面接当日までに準備するものを全部で3個紹介します。

 

【全7個】面接日の前日までに準備するもの

おもに以下の7点を事前に準備しておきましょう。

  1. 会社の連絡先
  2. 面接場所までの交通機関
  3. 履歴書の控え
  4. 面接の質問回答集
  5. 身だしなみを整える
  6. スーツのクリーニング
  7. 靴を磨いておく
面接日ギリギリになってあわてないためにも、余裕を持って早めに準備しておきましょう。

 

【全10個】面接当日に準備するもの

面接当日に準備して持っていくものには、おもに10点あります。

  1. カバン
  2. 時計
  3. 財布
  4. スマホ
  5. 障害者手帳
  6. 履歴書の控え
  7. 筆記用具
  8. 手帳
  9. 飲み物
  10. コロナ感染予防対策

面接を受ける会社で、障害者手帳の提示を求められることもあるため、忘れずに用意しましょう。
緊張した気分を落ち着かせるため、飲み物を用意しておくのもおすすめです。

マスクといったコロナ感染予防グッズも忘れずに用意しておきましょう。

 

【全5個】障害に応じて用意するもの

おもに以下の5点があります。

 

(1) 薬

障害の持病により、必要に応じて薬を用意しておきましょう。

 

(2) 補助用具の確認

電動車いすなら、バッテリーの状態を確認しておきましょう。
補聴器なら電池を新品に変える、予備を用意しておきます。

 

(3) バリアフリー設備の有無

視覚障害者や肢体不自由の方が訪問する場合、面接場所が必ずしもバリアフリーとは限りません。
また、車いすを使用している方が車で訪問する場合、広めの駐車場があるとも限りません。

このようなバリアフリーについて気になる点があれば、事前に確認を行っておきましょう。

 

(4) 面接場所までの下見や交通機関のチェック

当日、面接場所にたどり着けない、道に迷わないためにも、必要に応じて下見や交通機関をチェックしておきましょう。

とくに発達障害者の方は、しっかりチェックしておくことが重要です。

 

(5) 家族や関連機関のサポート

障害により、自分でできないことは、家族や関連機関のサポートを得られる準備をしておきます。
一例として以下4点の対応があります。

  1. 忘れ物がないかを確認してもらう
  2. 面接でサポートしてもらえる人に同行してもらう
  3. 朝に起こしてもらう
  4. 面接会場まで送り迎えしてもらう
面接当日にあわてないためにも、どんなサポートが必要になるのか?
この点を確認しておきましょう。

 

【全3テップ】面接の具体的な対応方法

会社に訪問して到着したら、すでに面接は始まっています。
ただでさえ緊張している中、あわてて失敗しないためにも、どんな対応が必要なのか?

全部で3ステップあります。

 

ステップ【1】 到着したら最初にすること

会社に訪問したら、まずは受付を済ませましょう。
面接開始時間の10分以上前に到着していると安心ですね。

障害により、サポートや配慮が必要になる場合、事前に連絡を入れておくのがベストです。
また、当日どうしてもお願いしたいことがあれば、担当の方に遠慮なく伝えましょう。

 

ステップ【2】 待っている間にすること

以下の5点を行いましょう。

  1. 身支度を整える
  2. スマホの電源をオフにする
  3. 履歴書の控えを確認する
  4. 面接の回答を確認する
  5. 飲み物を飲んで気分を落ち着かせる

ただし、待っている間に以下3つの行為はNGです。

  1. 足を組む・貧乏ゆすりをする
  2. 髪をずっといじる
  3. スマホを見続ける

緊張するとついついやってしまいがち。
クセになっている場合には、とくに注意です。

スタッフの方と廊下や部屋で会った場合には、軽く会釈や挨拶をしましょう。

 

ステップ【3】 実際の面接の対応方法

面接会場に案内されたら、いよいよ面接開始です。
面接で聞かれる質問は、一般枠で聞かれる定番の以下3つがあります。

  1. 志望動機
  2. 自己PR(長所や短所)
  3. 職務経歴

あわせて障害に関する以下3つの質問をされます。

  1. 障害の内容や障害者になった経緯
  2. 障害があってもできる仕事
  3. 配慮してほしい点

面接時によくある質問と回答例は、以下の記事を参考にしてください。

>> 【全12個】面接の回答例つき!障害者枠向け定番質問を厳選紹介!

 

【全4個】面接当日にトラブルが起きた場合の対策法

面接の準備をどんなにしっかり行っても、面接当日に突発的なトラブルは起こるものです。
ここでは、よくあるトラブルを中心に、全部で4つのケースと対策法を紹介します。

ご自身の障害にあわせて、想定されるトラブルを事前に把握し、対策を取りましょう。

 

ケース【1】 体調不良

「障害から来る病気や体調不良で、面接を受けられる状況ではない」

その場合には、早めに連絡を入れて、お詫びを入れましょう。
次回の面接日の日程は、先方の担当者と改めて相談をして調整を行ってください。

以下、電話で伝える例文です。
こちらを参考にして、面接のキャンセルや日程調整の相談を伝えてください。

お世話になります。
本日10時から、御社で面接試験を受ける、(名前)と申します。

実は体調不良により、本日の面接試験を受けるのが難しい状況です。
大変申し訳ございませんが、面接試験を別の日程に変更していただくことは可能でしょうか?

御社のご都合もあるかと存じますので、改めて面接試験の日程をご相談できればと思います。

万が一、訪問先で体調不良になった場合には、早めに伝える。
自力で対応が難しくなった場合に備えて、緊急連絡先や対処法の準備をしておきましょう。

 

ケース【2】 補助具のトラブル

「電動車いすの調子が悪く、動かない」
「補聴器の調子が悪く、声を聞き取れない」

このような、障害を補助する用具のトラブルは起こるものです。
これらのトラブルにより、面接が難しい場合には、早めに連絡を入れましょう。

 

ケース【3】 遅刻する場合

交通機関の乱れ、乗り換えや道順の間違いにより遅刻する場合には、気づいた時点で連絡を入れましょう。
連絡する内容は以下の3点です。

  1. 現在いるところ
  2. 遅刻の理由
  3. (可能であれば)どのくらいで到着するか
以下、電話で伝える例文です。
こちらを参考にして、遅刻する連絡を入れてください。

お世話になります。
本日10時から、御社で面接試験を受ける、(名前)と申します。

現在、JRを利用して御社に向かっている途中ですが、●●により電車がストップしてしまい、面接時間に間に合わない状況です。

大変申し訳ございませんが、面接時間を変更していただくことは可能でしょうか?

現在、私は●●線の●●駅にいます。
運転再開見込みは●時で予定通りであれば、●時には御社に到着する見込みです。

御社の最寄り駅に着き次第、または大幅に遅れるようでしたら、改めてご一報します。

何の連絡がなく面接時間になっても来ないと、

「何か事故に巻き込まれたのでは?」
「単に忘れているだけなのか、ドタキャンなのか?」

と面接官は不安になってしまいます。

そこで、早めに伝えれば相手も安心しますし、大きなイメージダウンも抑えることができます。

 

ケース【4】 障害により面接の対応がうまくできない場合

ここでは、2つの障害に対して、対処法を紹介します。

 

(1) 発達障害の場合

発達障害の場合、質問されたことに対して、正しく回答できない傾向があります。

それを避けるため、事前に自己紹介シートを渡しておくのも1つの方法です。
口頭でうまく話せない場合は、シートでフォローする方法です。

とはいってもシートに頼らず、質問に正しく答えられるよう何度も練習を行いましょう。

 

(2) 聴覚障害の場合

面接官との距離が離れると、質問内容が聞き取れないことがあります。

また、コロナ感染予防対策により、お互いの距離を置いている。
マスクをしていると、聞き取れないケースが発生します。

その場合には、距離を近くにしてもらう、マスクを外してもらうなどのお願いをしましょう。

履歴書を送付する際に、本人希望欄に配慮してほしい点を書いておけば、事前に配慮してもらうことができますよ。

 

まとめ

面接で必要となる対策や準備、面接当日の流れ、トラブル対応方法の一連を紹介しました。
障害者枠での応募の場合、必ず障害に関する内容を質問されます。

大切なことは、どうすれば採用側は安心してもらえるか?
障害があっても仕事ができることを伝えられるか?

この2点を踏まえて、面接対策や事前準備をしっかり行いましょう。

そして障害に応じて、家族や関係機関とのサポートをもらい、採用の確率をアップさせましょう。