自己分析

【最速】障害者向け自己分析を効率的に行える4つのステップ

自己分析とは、過去の人生を振り返り、性格、強み・弱み、障害のエピソードなどを言語化する作業です。
そして、会社探し~面接対策まで、すべてに関わる重要な作業です。

自己分析は重要にも関わらず、

「自分を見るのが苦手」
「障害を振り返るのに抵抗がある」
「自己分析は、正直メンドウなので先送りしている」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、障害者手帳1級の私が5社就業した経験、今まで100人以上を就職・転職指導した経験をもとに、

「最速で簡単!効率的な障害者向け自己分析の全4ステップ」

のすべてを徹底解説します。

 

ステップ【1】 履歴書を作成する

「自己分析なのに、なぜ履歴書を作成するの?」

履歴書を先に作成するメリットは、以下の3点です。

  1. 時系列で書くので過去を振り返りやすい
  2. 幼少期~現在までのエピソードを思い出しやすい
  3. 自己分析よりカンタンなので作業にはずみがつく

とりあえず幼少期、学生時代、社会人時代の略歴を振り返るだけでもOKです!

すでに履歴書を作成していたら、幼少期〜中学校時代までを振り返りましょう。

>> 【これで完璧】障害者向け履歴書の書き方!準備から送付まで徹底解説

時系列で振り返ることで、

「あ〜、昔は●●の趣味にハマっていたな」
「こんな楽しいこと、ツラかったことがあったな」

など、障害の状況を含めて、エピソードが浮かびやすいんですね。

浮かんだエピソードは、この先のステップで使うので、忘れないうちにメモしておきましょう!

ステップ【2】 障害の履歴を出す

幼少期〜現在まで、おおまかに時系列で書き出したら、あわせて障害の履歴を振り返りましょう。

振り返る内容は、以下の6点です。

  1. 障害や病気の種類
  2. 障害を持った時期や経緯
  3. 障害者手帳の取得日や等級
  4. 通院や入退院の履歴
  5. 障害や病気で長期間療養したブランク期間
  6. 最近の健康状態

など、わかる範囲でどんどん書き出します。
書き出した内容は、以下の3点で使用します。

  1. 障害者枠で応募する場合
  2. 面接で障害の情報を説明する場合
  3. 履歴書の本人希望欄で配慮してほしい点を書く場合
自分の障害は相手に理解されないからこそ、正しく伝えられるようにする必要があります。

 

ステップ【3】 時系列ごとにエピソードを出す

先の2つのステップを踏むと、すでに当時の体験やエピソードが浮かんでいるはずです。
さらに時系列ごとに、以下の8点を中心に出していきましょう。

  1. スキ・キライなもの
  2. 趣味
  3. 特技・スキル
  4. 実績や仕事で貢献したこと
  5. 楽しかった・ツラかったこと
  6. のめり込んでハマったこと
  7. 成功・失敗したこと
  8. 得意なこと・苦手なこと

など、記憶に残るエピソードや強く感情が動いたものを出していきます。

とくに障害に関連する以下4点のエピソードは、必ず出しましょう。

  1. 障害があっても貢献できる・できたこと
  2. 障害を克服した努力や経験
  3. 日常生活や仕事で注意している点(健康面や仕事の進め方など)
  4. 障害があることで迷惑をかけてしまったこと

これらの強み・弱みがハッキリすれば、以下4点を伝えられます。

  1. 障害があっても貢献できることを伝えられる
  2. 面接で自分の障害の強み・弱みを正しく伝えられる
  3. 弱みや苦手を理解し、日々注意している点を伝えられる
  4. 配慮してほしい点をしっかり伝えられる

つまり、採用側が知りたい障害の状況を、先回りして伝えることができる。

結果として、安心感を与えることができ、採用率アップが期待できますよ。

 

ステップ【4】 自分の性格や長所・短所、強み・弱みを言語化する

このステップが、本来の自己分析となります。

しかし、最初から自己分析をしようとしても、思うように出てこない。
障害のエピソードは、ツラい体験から感情にフタをして出てこない。

このようなケースがあり、思うように自己分析ができないもの。

そこで、先の3つのステップを踏むことで、障害を含めた自己分析をスムーズにできるようにしました。

今まで出した情報をもとに、前田裕二さんの書籍「メモの魔力」の特典にある、「1000の質問シート」を活用すると、より深く自己分析できますよ。

すべての質問に答える必要はありませんので大丈夫!
とくに以下の5点を中心に自己分析を行いましょう。

  1. 性格
  2. 長所・短所
  3. 強み・弱み
  4. 障害があっても貢献できること
  5. 障害により苦手なことや注意している点

このステップを実行する際には、以下の3点を意識してください。

 

意識する点【1】 相手に伝えることを意識して言語化する

今までのステップは、メモや箇条書きで羅列して書き出したはず。
しかし、それでは相手に伝えることはできません。

そこで、書き出した内容をもとに傾向をつかみ、体系化する。
整理や絞り込みをして、言語化しておきましょう。

言語化しておくことで志望動機を書く、面接の自己PRなどで使用することができますよ。

「どうすれば相手に障害を理解してもらい、安心してもらえるか?」

この点を意識しながら言語化しましょう。

 

意識する点【2】 長所・強みの反対になるように短所・弱みにする

「強みは慎重な性格、弱みは深く考えず即決してしまう性格」

これでは性格が矛盾してしまい、採用側も不安になってしまいます。
そのため、性格や長所・短所に矛盾がないか、意識しながら言語化しましょう。

 

意識する点【3】 マイナスの内容はプラスな内容にする

とくに障害に関する内容は、マイナスな内容になりがち。

「障害で左手が自由に動かせない」

と、この一言ではマイナスな内容で終わり、採用側も不安になってしまいます。
そこで、マイナスな内容で終わらず、不安を払拭するためにも、

「障害で左手が自由に動かせないけど、右手を使えば問題なくできる」

などとプラスな内容にしましょう。

 

障害者向け自己分析は4つのステップで進めましょう!

自己分析は、時間と手間がかかり、思うようにできないもの。
とくに障害者枠での希望の場合、障害の状況を伝える必要があります。

今回紹介した、4つのステップを順番に踏むことで、以下3つのメリットがあります。

  1. 時系列で書くのでイメージしやすい
  2. 障害の状況をわかりやすく伝えられる
  3. 自分の希望する職種・業界・仕事内容がわかる

結果として採用率アップに繋がりますよ。

自己分析は、会社探し~面接まですべてに関わる重要な作業。
だからこそ、今回の4つのステップを踏んで、採用率をアップさせる自己分析を行いましょう!