就労支援

賃金が安すぎる?就労継続支援A型のデメリット・問題点とは

『就労継続支援A型のデメリットや問題点について』僕らのサイトのみで解説できたらどんなに良いだろうかと考え実践を試みた。

就労継続支援A型について説明しているサイトはいくつかあるが、就労継続支援A型のデメリットや問題点に特化して執筆している記事は少なかった

そこで僕は、就労継続支援A型に通うことで発生するデメリットや問題点に特化して記事を執筆することでより良い情報を提供できるのではないかと考えた。

それでは確認していこう。

就労継続支援A型とは?

就労継続支援A型とは、障害や病気が原因で、一般企業で働くことが難しい人が働く場所(事業所)のことだ

就労継続支援B型という似たようなサービスがある。就労継続支援B型もA型と同様に、障害や難病を持った人が働く場所だ。

この2点にある大きな違いは、雇用契約を結ぶかどうかだろう

就労継続支援B型は雇用契約を結ばない。それが原因で、貰える工賃が少なくなってしまうといった課題がある。

一方で、就労継続支援A型は、雇用契約を結ぶため最低賃金が保証されているのだ

もし就労継続支援A型の利用を検討する際には、B型と比較するべきだろう。

そこで、以前執筆した就労継続支援B型の記事(『就労継続支援B型とは』)をぜひ参考にして欲しい。

就労継続支援A型事業所のデメリット・問題点とは

この章では、就労継続支援A型のデメリットや問題点を確認したい。

 

もらえる賃金が安すぎる

就労継続支援A型は雇用契約を結ぶので、就労に対しての賃金を受け取ることができる。

しかしながら、受け取ることのできる賃金が非常に安い。

平成18年に平均月額賃金が11,3万円だったことに対して、平成27年度は約68,000円だ。

とても高い賃金だとは言えない。

では、なぜこんなにも毎年のように平均賃金が下がっているのだろうか。
それについては『就労継続支援A型の賃金が減少している理由について』で紹介しているので、ぜひ確認して欲しい。

まとめ

いかがだっただろうか。
今回は、就労継続支援A型のデメリットや問題点について執筆させて頂いた。

今回執筆したもの以外にも数多くのデメリットや問題点が存在する。

もし就労継続支援A型へ通うことを考えている方は、ぜひ自分の目で確認することをおすすめする。

ABOUT ME
渡邉まさる
先天性内部機能障害 / 身体障害者手帳1級所持 / うつ病の闘病経験 / 青山学院大学在学中にRepeL, Inc.を創業 / 個人ブログはこちら

障害者エンジニアの就労をサポート!

こんな悩みはありませんか?

 

私たちが職場へ”直接”働きかける事で解決します!