企業情報

Apple Japanに障害者採用・雇用で入社するにはどうすればいい?ポイントを紹介!

Appleは、俗にGAFAと呼ばれる世界的に有名な大手IT企業の一つでありながら、

iPhoneやMacなどを始め、私たちの生活にも馴染みのある商品・サービスを取り扱っている人気企業です。

「どうすれば障害者でもAppleで働けるの?」

という疑問を持っている障害者の方のために、今回は障害者のApple(Apple Japan合同会社)への入社方法について解説していきます。

ぜひ最後まで目を通してみてください!

Appleはどんな会社?

Appleは、インターネット・デジタル家電製品および関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業です。

家電製品ではPCのMacシリーズや音楽プレーヤーのiPod、スマートフォンのiPhone、

ソフトウェア製品ではMac OSやiOSが有名です。

中でもApple Japan合同会社はアメリカ本社の日本法人で、同社製品の輸入、販売を主な業務として担っており、六本木ヒルズに本社を構えています。

Appleに障害者採用・雇用で入社するにはどうしたらいい?

結論、障害者採用で入社する場合、障害者の就職支援に特化した転職エージェントの活用をオススメします。

Appleが障害者採用サイトに掲載していない、転職エージェントだけが持っている非公開求人を保有している可能性があります。

コロナが流行中の今は特に、Appleの求める人材に近い候補者と効率的に出会うために、

転職エージェントにだけ求人紹介をお願いすることで応募者を見極めている可能性が高いのです。

また、プロの視点から選考対策を手厚く行ってくれることが多いため、自力で活動するよりも内定獲得率を高めることができます。

以上、非公開求人の紹介と内定率UPの2点から、Appleへの入社を考える場合、転職エージェントを利用することが得策と言えるでしょう。

Appleへの転職にオススメの障害者向けエージェント

Appleへの転職を考えるなら、dodaチャレンジatGPなど、業界大手の障害者支援エージェントの利用をオススメします。

エージェントの中でも、Appleの求人を持っておらず対応できないという自体が起こることもあります。

しかし、大手エージェントは求人を大量に保有しているので、あなたの希望するAppleの求人を持っている可能性が高いです。

さらに言えば、どちらか一つではなく、両方に登録し、並行して利用する方が、より希望の求人を見つけることができる可能性が高まるのでオススメです!

dodaチャレンジ

dodaチャレンジは、日本最大級の人材サービス「doda」のパーソルグループが運営する障害者専門の就職支援サービスです。

圧倒的な非公開求人数を保有しており、「doda」でも紹介している大手企業への紹介も多くまた、dodaチャレンジ自体が特例子会社(障がい者によって運営されている組織)なので、障害者特有の悩みに対する理解があります。

身体、精神、発達、知的など、障害の種類ごとに専門チームで支援をしており、一人一人にあったサービスが受けられるでしょう。

dodaチャレンジは、全ての障害者にオススメの転職サービスと言えます。

>>>>障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】

atGP

atGPは、「業界No.1」の障害者就業支援サービスです。

障害者転職のサポート実績No.1のエージェントです。つまり、日本で一番多くの障害者の就職支援をしています。

また、求人数も2000以上と、こちらも業界No.1です。大量で幅広い求人の中から、あなたの希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

atGPでは、求職者の「やりたいこと」を重視することをサポートの方針としています。

なので、「大量の求人を送りつけられるかも・・」というエージェントへの心配は無用だと思います。

実績・求人数共にNo.1のatGPは、「どこに登録するか迷ったらとりあえず登録しておけ!」といえるようなサービスだと思います。

>>>プロと一緒にする転職活動!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

Appleの障害者雇用の採用情報

Appleに入社するために必要な採用情報について解説していきます。

Appleの障害者採用の募集職種

Appleの障害者採用では、契約社員の採用しか行っていません。

しかし、契約社員の中でも、募集している職種は色々あります。

  • セールス・サポート業務
  • コンサルティング・スペシャリスト(電話)
  • 研究開発部事務サポート
  • 販売スタッフ・接客 (Apple直営店・家電量販店内 Apple Shop)
  • 情報システム関連職
  • その他事務職・専門職

また、契約社員として採用された後正社員登用のチャンスもあるところも嬉しいポイントでしょう。

Appleの求める人物像

Appleの障害者採用の求人に出ている要件を見てみましょう。

  • 前向きに業務に取り組む事ができる方
  • 周りとの協力体制を築き、お客様へ最高のサービスを提供する能力
  • 環境や状況に応じて柔軟に対応する能力
  • 自ら目標を設定し達成する能力
  • 基本的なコンピュータースキル(Word, Excel, メール)をおもちの方

これらに共通して言えることは、一人前のビジネスマンとしての意識を持つということだと思います。

前向きな取り組みやチームとの協調性、目標への意識など、自分のことは自分でやるという当たり前をしっかりこなせることが重要なのだと感じます。

「自分は障害者だから仕方ない・・・」と諦めたりするのではなく、

「障害者か健常者かは関係なく、前向きに一人の社会人として働けるんだ」というマインドを持つことが重要だと言えます。

英語力は必要?

結論として、Appleの障害者採用において英語力は不要です。

Appleのような外資系企業に挑戦する上ではとても気になると思いますが、

英語のスキルに関しては、障害者採用の必須要件にはありませんでした。

そのため、「英語には自信がない・・。」

という人でも十分に挑戦することができます。

しかし、契約社員でも、例えば店舗のスタッフなどのように、外国人の社員やお客さんと会話する職種やポジションであれば、英語が必要になってきます。

また、契約社員から正社員として登用されたい、もしくは社員として給与や地位を上げたいとなれば、英語でのコミュニケーションは必須になるでしょう。

そのため、障害者採用の時点では英語力は不要ですが、社内でいずれ必要になってくるので、勉強しておいて損はないスキルと言えます。

Appleの障害者採用の選考内容

Appleの障害者採用選考は以下のフローで進みます。

書類選考(応募)

面接(複数回)

内定
以下でそれぞれの選考のポイントについて解説します。

書類選考(応募)

Appleの書類選考は、履歴書と職務経歴書といったシンプルな形式です。

この書類を元に面接が行われるので、シンプルだからといって決して油断しないようにしましょう。

応募書類の作り方については、以下の2つの記事で詳しくまとめていますので、是非こちらを参考にしながら作成してみてください!

また、一つ注意点として、Appleの障害者採用では職種別採用をしていません。

応募者は全員まず契約社員として応募し、面接の中で職種を確定する形式を取っています。

面接

面接では、自分がAppleの求める人物像に当てはまることをアピールしましょう。

面接の前に、先ほどお伝えした求める人物像の要件に加えて、Appleが公開している採用メッセージを確認しましょう。

Appleの一員となって、あなたの個性を発揮してみませんか。

自由な発想ができる方なら、どなたでも歓迎します。
数千人の社員一人ひとりの創造力が集結し、革新への道を開いているAppleで働いてみませんか。チームの一員として働くだけでなく、新たな価値をもたらしてください。

AppleHP、採用情報より引用)

これを見ると、Appleはこれからも革新的なアイデアやサービスを出すために、

入社するメンバーに対しては個性があること自由な発想で価値を発揮できることを求めているようです。

そのため、受け答えの中で、あなたの個性や想像力を面接官にアピールできると内定にグッと近づくと思います。

また、Appleは職種別採用ではなく、面接で「何ができるのか、何がしたいのか」を聞いていく中で実際に働く職種を決める方式をとっています。

そのため、自分の希望の職種に就くために努力してきたことや、希望の職種で働くにふさわしい長所や人間性をアピールできると、希望のポジションでの内定に近づくでしょう。

Appleの障害者への配慮

Appleには、障害者に限らず全ての人が隔たりなく活動できることを重要な思想としています。

そもそも、Apple社の製品自体が、誰にでも使えるようにデザインされた製品やサービスを特徴としています。

例えばVoiceOver、音声コントロール、スイッチコントロール、さらにはSiriなどの、様々なアクセシビリティ機能が組み込まれています。

こうしたアクセシビリティ機能は、「障害を持つ人とそうでない人との間に隔たりがあってはいけない」という思想のもとに開発されたものなのです。

そうした思想が根付いている企業文化があることは、障害を抱えていても働きやすい環境や制度づくり、社内での配慮に直結していると思います。

Appleの労働環境

Appleの働きやすさや待遇について、労働環境を見ながら解説していきます。

Appleの福利厚生

Appleの福利厚生は、かなり充実していると思われます。

実はAppleの詳しい福利厚生の内容については、公式で公開されていません

一応求人サイトの求人を確認してみると、福利厚生について以下のように記載がありました。

  • 各種社会保険完備
  • 保養施設
  • 会社加入保険
  • 社員割引(年間上限あり)
  • 健康管理プログラム(フィットネスクラブ補助金支給など)など

しかし、Appleの採用HPにて、

Appleにおいて、何よりも大切なのは「人」です。私たちは充実した福利厚生により、社員とその家族がより健康で幸せに過ごせるよう支援しています。」

と公式サイトにて明言しています。

実際に様々な口コミサイト等を見ても、Appleの社員の方々は福利厚生制度や休暇取得状況などに関してほとんど不満を抱えていませんでした。

これらのことから、Appleの福利厚生は、問題なく整っているということが言えるでしょう。

Appleの年収

OpenworkによるとAppleの平均年収は、2020年11月時点で611万円です。

一見するとAppleほどの大企業の割には平均的な金額のように見えます。

ただし、こちらの年収は本社勤務の社員だけでなく、店舗スタッフ、在宅勤務職など全職種の年収を平均したものです。

年収額回答者のレンジも250万円~1800万円と非常に広くなっていることからも、本社勤務の社員の年収はこの平均年収よりもかなり高いことが予想できます。

Appleに障害者雇用で勤務する人の年収相場

障害者採用の場合、このように求人が出ています。

特にAppleでの業務に活かせる経験を積んでいない場合、380万円の年収からスタートして、働きぶりに応じてUPさせていくとイメージしておきましょう。

年俸制380万円以上
※経験、前職年収を考慮し、相談の上、決定いたします。
※1/12を月々支給いたします。

enjapanの求人票より引用)

Appleで働く社員の評判・口コミ

「Appleに入りたい!」と思っても、実際の社内の様子が自分に合うかどうかは入ってみないとわからないですよね。

入社前に少しでも会社の雰囲気を感じ取っていただきたく、実際にAppleで働いている人がどのように感じているのか、評判集めてみました。

良い評判

休暇は取得しやすく、オンとオフの切り替えがしやすいです。
強制的な飲み会などもなく、仕事後の時間も充実しています。
(事務 勤続年数5~10年 中途 女性)

最高の顧客体験を提供するという意味では、とても多くのスキルを身につけることができます。あらゆる業種でも活かせるものだと思います。
(在宅勤務アドバイザー 勤続年数3年未満 中途 男性)

外資のやり方を日本仕様に合わせていく風土があります。
人をじっくり育てる風土もあり、社内異動に関しても面談で次のステップについてしっかり話し合うことができます。
(AppleCare 勤続年数5~10年 中途 男性)

悪い評判

営業にはMacとiPhoneが貸与されているので、24時間いつでも仕事ができてしまう環境があります。休みの日にも連絡が来ることが多く、プライベートとのバランスは調整しにくいかもしれません。
(営業 勤続年数3~5年 中途 女性)

上長の主観による不明瞭な昇進・人事があったり、業務を通じて自身のスキルを向上させていくことが難しいと感じました。
(営業 勤続年数5~10年 中途 男性)

よく言えば実力主義ですが、自分から主体的に学ぶ姿勢がないと、成長できません。
(リテール営業 勤続年数5~10年 中途 女性)

Appleで働く障害者の評判・口コミ

Appleで障害者採用の枠で実際に働いている方の意見もぜひ参考にしてください。

休憩室がちゃんとあり、そこには軽く膝にかけれる布団のようなものがあった。どうしても辛い時は休憩室で休ませてくれたりしたところが良かった。
一方で、チーフ、マネージャーにはもう少し一人ひとりに向き合って欲しいという不満もあった。

(コールセンター ADHD 20代 女性)

Appleに障害者採用・雇用枠での入社をお考えの方へ

記事の冒頭で、Appleに入社するための方法をお伝えしましたが、

正直なところ、今すぐに選考を受けるのは、コロナの影響から難しい可能性が高いです。

この状況下では企業は積極的に社員を採用しようという動きを取りづらいので、

結果として、そもそも入社できるポジションが空いていなかったり、採用ハードルが上がってしまいます。

Appleの採用サイトや転職サイトの求人一覧を確認してみましたが、

現在募集停止中になっている求人が多く、一般公開されている求人はごくわずかです。

「それでも入社に挑戦したい!」と考える方には、重ねてになりますが、障害者の就職支援に特化した転職エージェントの利用を強くオススメします。

転職エージェントであれば、Appleが採用サイトに掲載していない、もしくは募集を停止しているような非公開求人を保有している可能性があります。

また、障害者の就職支援について知り尽くしており、Appleなどの企業情報はもちろん、転職活動上のポイントや選考対策まで、色々なことに相談に乗ってくれる心強い存在です。

以下にAppleの障害者採用を狙う人向けにオススメの大手エージェントを2社紹介します。
就職活動を成功させるためにも、2社両方に登録し、並行して利用することをオススメします!(※1社のみの登録だとエージェントと合わなかったり、求人票が無かったりする場合がありますので、2社とも登録する事をおすすめしております。)

dodaチャレンジ

dodaチャレンジは、日本最大級の人材サービス「doda」のパーソルグループが運営する障害者専門の就職支援サービスです。

圧倒的な非公開求人数を保有しており、「doda」でも紹介している大手企業への紹介も多くまた、dodaチャレンジ自体が特例子会社(障がい者によって運営されている組織)なので、障害者特有の悩みに対する理解があります。

身体、精神、発達、知的など、障害の種類ごとに専門チームで支援をしており、一人一人にあったサービスが受けられるでしょう。

dodaチャレンジは、全ての障害者にオススメの転職サービスと言えます。

>>>>障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】

atGP

atGPは、「業界No.1」の障害者就業支援サービスです。

障害者転職のサポート実績No.1のエージェントです。つまり、日本で一番多くの障害者の就職支援をしています。

また、求人数も2000以上と、こちらも業界No.1です。大量で幅広い求人の中から、あなたの希望にぴったりの求人を紹介してくれます。

atGPでは、求職者の「やりたいこと」を重視することをサポートの方針としています。

なので、「大量の求人を送りつけられるかも・・」というエージェントへの心配は無用だと思います。

実績・求人数共にNo.1のatGPは、「どこに登録するか迷ったらとりあえず登録しておけ!」といえるようなサービスだと思います。

>>>プロと一緒にする転職活動!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

Apple以外の有名企業への障害者採用入社も考えている方へ

もちろんApple以外の有名企業でも、同様に障害者の雇用を行なっています。

Apple以外の企業に関しても記事にまとめておりますので、詳しくはそちらをチェックしてみてください!